racing-book.net


2015年6月14日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


エプソムカップの予想 秋に楽しみな2頭

 サトノアラジンはデビュー前の前評判が高く、デビュー戦を鮮やかな勝利で飾ったことで今年のダービー馬はこの馬といわれたほどの馬。しかし、2戦目の東京スポーツ杯では1人気に推されたがイスラボニータの5着、ラジオNIKKEI賞でも1人気に推されたがワンアンドオンリーの3着、共同通信杯では2人気に推されてイスラボニータの3着と結果を残すことができずクラシックは棒に振った。その後、自己条件を連勝して菊花賞には出走出来たが6着に敗退。今年に入ってからは自己条件を2着のあと勝利し、前走のオープン特別モンゴルHでは鮮やかな差しきり勝ち。素質馬がようやく開花したような勝利だった。

 サトノアラジンの血統は父ディープインパクト、母父Storm Catなのでダービー馬キズナと同じ配合で、全姉ラキシスは産経大阪杯でキズナを競り負かした女傑でもある。鞍上はラキシスにも騎乗しているルメール。ルメールも秋には大きいところを取りに行きたいと思っていることだろうし、次につながるようなレースをしてくれるだろう。

 もう一頭は快足馬エイシンヒカリ新馬戦を除けばその後の6戦は全て逃げている。しかも、逃げた6戦中5戦で勝利。とにかく行きっぷりがよく後続を離して最後まで陰を踏ませないのがこの馬の戦い方。デビューは皐月賞の翌週と遅いデビューだったが未勝利からオープン特別まで一気の5連勝でオープン馬に。暮れのチャレンジカップでは9着に惨敗したが、前走の都大路Sではまたもや逃げ切り勝ち。勝ち続けていいるがまだ入れ込み癖があるように素質だけでここまで来てしまった感じがする。素直に折り合うようになったらどれだけ強いのかと思わせるのがこの馬だ。

 エイシンヒカリの血統はサトノアラジンと同じで父ディープインパクト、母父Storm Catという配合。同じ配合で脚質が真逆というのが面白い。鞍上は前走から手綱を取った武豊。武豊と快足馬と言えばサイレンススズカを思い出す。あの馬も3歳時は気性が荒く能力で勝っていたが古馬になってコントロールが効くようになってからスピードに磨きがかかった。エイシンヒカリにはサイレンススズカがダブって見えるので今回も逃げてくれるでしょう。あとはどれだけ気分良く行けるかだね。

 レースではこの2頭に注目しているがフルーキー、ディサイファにもチャンスはあるとみている。


エプソムカップの出馬表

エプソムカップの出馬表


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2015年6月14日 07:44 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ