阪神牝馬Sの予想「本命は自在性のあるヒカルアマランサスで」

 阪神牝馬Sはヒカルアマランサスを本命にしました。前走の京都牝馬Sは稍重の馬場で上がり3Fが33秒6。馬場のいい外目を通っての上がりだがコースロスも多くよく差しきったと思う。過去の成績を見ても33秒台で上がれるし、良馬場ならもっと切れそうな感じがする。今回は初の55キロだが小さい馬ではなのでクリアしてくれると思っています。



 相手はラドラーダ。ヒカルアマランサスとは前走のユートピアSで対戦し指し切り勝ち。位置取りの差もあるが直線持ったままで、仕掛けてからの反応が抜群によかった。今回は初重賞挑戦、初輸送、大外枠と不利な条件がそろっているので2番手評価に。成績を見ると能力があるのは分かるし、ここであっさり勝ってもおかしくない。ワンカラットは阪急杯でエーシンフォワードの2着、サンカルロに先着。高松宮記念に出ていたらそこそこの競馬をしてかも。ただ、今回は牝馬同士で切れ味勝負になりそう。決め手では先の2頭に分があるので3番手評価。



 押さえはストリートスタイルとベストロケーションで。




阪神牝馬Sの予想

阪神牝馬Sの予想



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする