racing-book.net


2015年6月15日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


エプソムカップ回顧 騎手の駆け引き

 エプソムカップはエイシンヒカリがサトノアラジンの追撃を振り切って重賞初勝利を飾った。スタートは横一線だったが内からゲシュタルトの木幡初広が押して前に行った。しかし、スピードの絶対値が違うエイシンヒカリが馬なりで先頭へ。フェスティヴタローの田中勝春は前走のように思い切ってハナに行くことはせず、相手の脚色をみながら控えることに。サトノアラジンのルメールは前走とは違い積極策に。相手はエイシンヒカリと決めての競馬になった。

 1000m通過が59秒2はこのクラスでは平均ペースかやや遅め。エイシンヒカリと武豊は4コーナーを回り直線を向いところまでは持ったままで残り400mで追い出す。すると前回のアイルランドTの時と同じように外に行きたがるがそこは武豊が上手にエスコート。エイシンヒカリは外に触れることを仮定してサトノアラジンのルメールは迷わず内ラチを選択して追い出して来る。残り200mで2頭は馬体を離した形で並んでいた。勢いではサトノアラジンに見えたが、エイシンヒカリは武豊の鞭に応えてしぶとく伸びて最後までサトノアラジンに抜かれることはなかった。

 後方にいたディサイファとフルーキーも伸びては来ているものの、内容としては完敗。自分でレースを作れる馬とレースの流れに合わせて競馬をする馬の違いが出たレースだった。逃げるのが分かっているだけに誰かが何かをしなければ逃げ切りを許してしまう。武豊は強い逃げ馬を手の内に入れたことで今後の活躍が楽しみ。このあとどこを使うかは厩舎・オーナー次第だが、秋は毎日王冠-天皇賞秋が有力でしょうね。

 サトノアラジンはもう一段ギアが上がるともっと強くなるでしょうね。素質馬が開花するのは秋以降になるのかな?


エプソムカップの結果

エプソムカップの結果


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2015年6月15日 13:00 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ