racing-book.net


2014年4月 2日

ドバイデューティフリー ジャスタウェイが痺れるような勝ち方をした

 ドバイデューティフリーはジャスタウェイの強さが光ったレースでしたね。トウケイヒーローが引っ張る展開で、後方からの競馬。直線に向いたところで外にだし、残り400mで先頭集団に並びかけ、残り300mで完全に抜け出し、最後は画面から2着馬が見えなくなるほど離して勝った。2着ウェルキンゲトリクスに6 1/4馬身差をつけての快勝。しかも、タイムはレコードの1分45秒52。直線で後続をどんどん引き離していく姿に思わず鳥肌が立ってしまった。

 ジャスタウェイがこれほどの強さを発揮した陰には武豊の絶妙な逃げがあった。好スタート切ったトウケイヒーローは後続を引きつけながらペースを落とすことなくレースを進めた。ハイペースだと縦長になるはずが、あれほど団子になっていたのは武豊が上手い逃げ騎乗をしたからでしょうね。福永祐一にとっては武豊がいい流れを作ってくれたのでレースはしやすかったはずで、直線で勝利を確信したことでしょう。海外で日本馬が強い競馬をしてくれるとホント嬉しいね。


2014 ドバイデューティフリー






Posted by nobita at 2014年4月 2日 00:48 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ