ダービー卿チャレンジTの予想「フィフスペトルは中山が得意」

 ダービー卿チャレンジTはマイネルファルケ、トライアンフマーチ、ファリダット、フィフスペトルの4頭の競馬だと思う。この中で中山巧者といえばマイネルファルケとフィフスペトル。上昇度を考えると休み明けをひと叩きしたフィフスペトル。ということでフィフスペトルを本命にした。



 フィフスペトルの鞍上は蛯名正義だが、加藤征弘厩舎はあまり蛯名正義に騎乗依頼をしていない。それが、ここに来て蛯名正義騎乗以来がきている。これをどう考えるか。ただ単に乗り役の手配がつかなかったのでピッチヒッターで起用した。それとも、蛯名正義はエージェントが変わったのでその影響で事情依頼が来た。蛯名正義と同じエージェントを使っている吉田隼人は加藤征弘厩舎の馬に時々騎乗している点は気になるところ。



 フィフスペトルの相手は先に挙げたマイネルファルケ、トライアンフマーチ、ファリダットと中山記念4着のセイクリッドバレーで。



 オッズが割れているので1頭軸の3連複でもまずまずの配当。まあ、当たればの話ですが





ダービー卿チャレンジTの予想




ダービー卿チャレンジT ハンディの増減


ダービー卿チャレンジT ハンディの増減



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする