春風Sと難波Sの予想

 今日は予想をする時間があったので重賞以外のレースをアップしてみました。



 まずは中山ダート1200mの春風S。この条件は好きなレースなんですが当たらないんですよね。って先に泣きが入ったりして(笑)。メンバーをみると前走ブラッドストーンS組が中心。レースはテンの3Fが33秒2のハイペース。カフェレジェンド、フミノパシフィックは先行して粘り込み、サクセスオネスティはスタートが悪く後方から追い込んできた。ハンディ戦から別定戦にかわるので斤量面で優位なのはサクセスオネスティ、カフェレジェンド、フミノパシフィックの順。でも、この3頭はそれほど力差はないと思う。昇級馬のケイアイダイオウは4走前にサクセスオネスティと僅差の競馬をしてる。その後は大きく崩れることなく勝ち上がってきたので調子はいい。この時期の乾いたダートはボストンハーバー産駒がよく走るのでリリーハーバーを。ジェイケイボストンもボストンハーバー産駒だけど鞍上が江田照男なのと、基本的に関西馬を上位にみているので。





春風Sの予想




 難波Sはハンデ戦。トップハンデはポルトフィーノで定量プラス1キロの56キロ。現在、1人気なんですね。前走は前が詰まって追えるところがなかったからなのかな。血統的にも人気になりやすいけど混合戦でトップハンデでは買いたくない。



 狙ってみたいのは連勝中のグローリーシーズ。同じコースで勝ち鞍があるし終いは確実に伸びている。昇級戦で56キロは見込まれたがそれだけ力があるということでしょう。ジャコスキーは藤田伸二に乗り替わりなので。藤田伸二の場合は余程切る様相がない限りは馬券に入れておきたい騎手のひとり。ゴールディーロックは関東馬で関東の騎手。前走2着とはいえ関東のレースでしかも重馬場。もう少し人気がないかと思っていましたが現在のところ7人気。もう少し人気が落ちてくれるといいのですが。ここ2レース上がり3Fは1位。これだけの脚が使えているのは調子のいい証拠。決めて勝負になればおもしろいので買い目に入れたい。マイネルアトレは和田竜二なので買い(ってこんなのばっかり(^^ゞ)。前走は昇級戦で4着。関西で三浦皇成が騎乗して4着なら今回はもっと上に来ると思っているので。シルポートは今回単騎で行けそうなので。逃げ馬に佐藤哲三は心強いですからね。





難波Sの出馬表 斤量の増減




 他、9~12レースのTARGET新聞を出してみました。TARGET新聞.pdf




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする