ペルセウスSの予想「凱旋門賞帰りの蛯名正義の一発」

 ペルセウスSの出走馬を見ると関西馬14頭に対して関東馬はたったの2頭。このクラスは関西馬が多いんですね。でも、鞍上を見ると関西所属は武豊だけで、あとの15人は関東の騎手。乗り替わりも多く、ちょっと変な感じがしますね。



 こういうレースですから狙うなら凱旋門賞帰りの蛯名正義がいい。蛯名正義は現在リーディング2位。横山典弘が落馬事故で年内復帰が無理らしいのでこのまま勝ち星を重ねればリーディングは取れそう。ということはここで騎乗依頼をする白井厩舎も色気を持っているはず。重賞であれば社台がうるさいがオープン特別ですから社台以外を本命にするのが面白い。ケイアイテンジンはここのところ惨敗続きだが、東京1400mの持ち時計はあるしハナを切れれば残り目がある。開幕週で早仕掛けになりそうなのもこの馬に取ってはチャンスがある。



 相手は手広くグランドラッチ、エノク、トーホウドルチェ、プロセッション、ワンダーポデリオ辺りで。





ペルセウスSの予想


ペルセウスSの予想



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする