racing-book.net


2016年9月16日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


セントライト記念予想 本命はプロディガルサン

 セントライト記念は菊花賞トライアルで3着までに優先出走権が与えられるレース。賞金がある馬はここで無理をしなくてもいいが、収得賞金900万以下の馬はここで権利を取っておきたいところ。今年は夏に1000万条件を勝っている馬が多いので、900万では抽選も難しいですからね。

 今年のセントライト記念の本命はプロディガルサンです。春は東京スポーツ杯で2着、青葉賞で4着、ダービーで10着と今一つの成績でした。間隔を開けながら使っているように春の段階ではまだ実力が足りなかったようですね。兄にラングレーやリアルスティールがいるように血統的には大成してもおかしくないと思っています。直前の調教では動いているようですし、夏に牧場でしっかり乗り込まれているはずですからここは期待したいです。

 実力から言えば皐月賞馬ディーマジェスティでしょうね。皐月賞では8人気の低評価をはねのけ人気馬を蹴散らしての優勝。鞍上が地味なのか、馬主が地味なのか実績はあるけど人気になりにくいタイプのようです。ダービーでは1人気に推されましたが惜しくも3着でした。しかし、1着のマカヒキにはコンマ1秒差しか負けてないし、4着のエアスピネルにはコンマ3秒も差をつけていることかも3世代では抜けた存在だと思います。秋初戦ですが中山競馬場は問題ないし、距離も問題ないので普通にゲートを出られれば好走すると思います。以前は出遅れが多かった蛯名騎手ですが、最近はそれが目立っていないですから大丈夫でしょう。

 ラジオNIKKEI賞を勝ったゼーヴィントは戸崎圭太騎手とのコンビで2戦2勝と相性がいいです。今回も戸崎圭太騎手で挑むだけですから当然人気でしょう。現在、騎手リーディングトップの戸崎圭太騎手ですが意外にも3歳クラシックは未勝利なんです。ですから、戸崎騎手としてもここはいい競馬をして菊花賞に行きたいところでしょう。

 マウントロブソンは皐月賞6着、ダービー7着と世代上位馬には勝てないが第2集団の先頭を走っている感じの実力馬だと思っています。現に皐月賞トライアルのスプリングSではロードクエストに勝っているし、東京の未勝利戦ではディーマジェスティに首差の2着になっています。美浦の堀厩舎の馬の鞍上に川田将雅騎手を迎えているということは先を見据えての起用ということでしょう。川田将雅騎手といえばマカヒキでダービーを勝ちましたが、そのマカヒキは凱旋門賞に挑戦することになり、鞍上がルメール騎手に乗り替わりに。体のあいた川田騎手がマウントロブソンの手綱を取るのも馬主がマカヒキと同じ金子真人HDですから、自然の流れといえばそうかもしれない。先週、1000勝を達成したことで記録が掛かるプレッシャーがないことだし、いい気持ちでレースに挑めるのではないかと思います。

 クラシックの足音が聞こえてくるとディープインパクト産駒が走るんですよね。セントライト記念では5頭のディープインパクト産駒が出走しますが、終わってみればディープ丼というのがよくあるのでそれは押さえたいかな。
 


セントライト記念の出馬表

セントライト記念の出馬表


セントライト記念 過去10年の連対馬一覧

セントライト記念 過去10年の連対馬一覧


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年9月16日 20:16 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ