ローズSの予想「トライアルはアグネスワルツ」

 今年の3歳牝馬戦線はキングカメハメハ産駒VSゼンノロブロイ産駒と言った感じ。桜花賞はキングカメハメハ産駒に軍配、オークスは史上初の同着で引き分け。秋華賞がどうなるか分からないけど、今回はゼンノロブロイ産駒がやってくれるんじゃないかと。



 今年のローズSはオークス組が6頭。中でもアパパネが強いのは誰もが分かっている。だけど、ここは前哨戦なので全力で仕上げているわけではない。チューリップ賞を見ても分かるとおりアパパネは負けて強しの競馬をした。馬がレースを分かっているというのかここぞというときに能力を発揮する。だから、今回もいい競馬をするだろうけど取りこぼしがある可能性もある。というよりも次に繋がるようなレースにするためにも余裕を持って来るはず。だから、アパパネ以外から本命馬を探した。



 今年のローズSの本命馬はアグネスワルツ。社台ファーム生産馬でオーナーは社台のお客さんでもある渡辺孝男氏。宮本博厩舎に柴田善臣というちょっと意外なコンビだがオークスで結果を残しているのだから外せないところなんでしょう。今回、逃げそうなトゥニーポートの鞍上が和田なので、これはサポートに徹するでしょう。アパパネを封じ込めるには上がりの競馬に持ち込むのが一番いいのでしょうけど、それだとアグネスワルツの良さが生きない。未勝利戦でレコード勝ちがあるようにスピード生かした競馬の方があっているし、時計の出やすい今の阪神なら少しぐらい早いペースでの逃げ粘れると思う。和田が控えるようだと完全に出来たと思う。





ローズSの予想


ローズSの予想



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする