桜花賞の予想「アパパネが強い」

 桜花賞はアパパネを本命にしました。各馬のこれまでのレースを見ましたがアパパネが一番隙がないと思った。前走は久々で外枠。早め先頭にたち目標にされてしまった。それでも、2着に粘ったのは能力がある証拠。阪神芝1600mはスタート地点が向正面の中間地点からで、3コーナーまで距離があるので逃げ馬は無理にハナに行かなくてもいい。以前の阪神芝1600mとラップを比較するとテンのラップはどのクラスでの遅くなっている(重・不良馬場を除く平均値)。今回は行く馬は何頭かいるだろうけどコーナーが先にあるのでじわっとハナに立つと思う。それだけに阪神JFやチューリップ賞と同じような流れになるはず。まあ、少しぐらい速くなっても大丈夫と思う。



 相手はアニメイトバイオ。前走は久々で行きたがっていた。それでもバッタリ止まっていないしいい状態だと思う。ショウリュウムーンは追っていい馬だと思う。チューリップ賞ではアパパネよりも早く鞍上が追い出していたようにエンジンが掛かるまでに時間が掛かる。それでも、エンジンが掛かってからはいい伸びを見せてくれる。好位から競馬ができるのもいい。



 押さえはワイルドラズベリー、タガノエリザベート、エーシンリターンズで。





桜花賞の予想のサムネール画像



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする