racing-book.net


2011年8月28日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


キーンランドカップの予想「安定感抜群のカレンチャン」

 キーンランドカップはカレンチャンを本命にしました。休み明けで+10キロの前走はスタートで行き脚が付かず中段から。でも、直線ではしっかり伸びていたようにここでは力が上でした。ひと叩きした今回は上積みが見込めるし、前走よりも行けると思うのでここは勝ち負けだと思う。ハンディ戦なら背負わされるところですが、別定の54キロなら楽勝でしょう。

 相手はパドロワを1番手に。函館スプリントでは直線伸びなかったけど、UHB杯では主導権を握って逃げ切り。使われてピリッとしてきたようで今回も有力候補。グランプリエンゼルはブリンカーを外したら好走してきた。もともとスピードはあるし、落ち着きが出てきた今ならチャンスがある。内でロスの無い競馬が出来るのもいいね。あとは決め手のあるアンシェルブルーとレジェトウショウで。なんだか、牝馬ばかり選んでしまった。


キーンランドカップの予想

キーンランドカップの予想






Posted by nobita at 2011年8月28日 12:30 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ