京都大賞典の予想 本命はラブリーデイ

 毎日王冠のマイネルミラノは狙いすぎましたね。今日は東京競馬場に行ってきてレースを見ていましたが外差しが来ていましたので嫌な感じはしていました。しかも、戸崎圭太とルメールが来ていたので裏で押さえようかと思いましたが、初志貫徹で行って玉砕しました。マイネルミラノはスタートは悪くなかったのですが、デサイファのスタートが良すぎて推して出ていくことになってしまった。勢いを付けて行っただけに最後は余裕がなかったですね。やや前がかりになったことで先行勢は総崩れで差し馬の競馬になってしまいました。



 京都大賞典はスローペースの上がりの競馬になりやすいレースです。昨年の勝ち馬ラブリーデイ、2着馬サウンズオブアースが揃って出てきましたのでこの2頭でいいのではないかと思っています。天皇賞春を勝ったキタサンブラックは確かに強いですが、上がりの競馬になると分が悪いので早めに仕掛ける可能性があります。ただ、このレースを取りに行くのであればそれもいいですが、先を見越して新たな面を引き出そうと試みるとなると危険かと思います。上位3頭は強いと思いますが、危ないとすれば脚質的にキタサンブラックだと思っています。そうなったときは漁夫の利を得た差し馬が突っ込んで来るかと。





京都大賞典の出馬表


京都大賞典の出馬表



Output by TARGET frontier JV



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする