先週の競馬から毎日王冠と京都大賞典、新馬戦、内田博幸など

毎日王冠と京都大賞典

毎日王冠はルージュバック、京都大賞典はキタサンブラックが勝ちました。休み明け初戦を1人気が勝ったというのは悪くないですね。毎日王冠は土曜日と日曜日の雨の影響が合ったにも関わらずレースの上がり3ハロンが34秒5。ルージュバックの上がりが33秒4と早い時計が出ました。東京競馬場の芝コースは水はけがよほど良いのでしょうね。2着のアンビシャスはルメールに乗り替わりで後方からの競馬をする予定でしたが、結果としてはルージュバックの前での競馬で差されてしまいました。久々ということと本番を前にした試走ということを考えれば上出来ではないでしょうか。

京都大賞典は1人気のキタサンブラックが2番手からの競馬で見事な勝利。行ってよし、控えてよしで本格化した感じです。スローの上がり勝負になると分が悪いのが武豊はわかっているので早めのスパートで振り切りました。結果的にキタサンブラックも上がり3ハロンは33秒6で走っているのでこういう競馬が合っているのでしょうね。

新馬戦 レイデオロが強い競馬を見せた

日曜日の東京5レース、芝2000mでは1人気に支持されたレイデオロが見事な勝利を収めました。スタートが良くて、道中は先団の内目をキープ。直線ではなかなか前が開かなかったが、進路が出来てからはいい伸びを見せました。先に抜け出したポールヴァンドルもいい競馬をしましたが、それ以上の競馬をしたのがレイデオロでした。時計のかかる馬場でしたので軽い馬場になってどうかと思いますが、スピードはありそうなので期待できそうですね。POGで取ろうかと迷ってやめた馬なのでちょっと後悔しました。

内田博幸がJRA通算1000勝を達成

内田博幸が土曜日の東京10レースで5人気のトレジャーマップに騎乗し、1着になりJRA通算1000勝を達成しました。JRAでは32人目、現役では15人目の達成となりました。2011年には大怪我で長期休養を余儀なくされました、復帰後は以前と変わらない腕っ節の強い騎乗を見せてくれました。戸崎圭太騎手がJRA所属になってからは勝利数もおちましたが、今年は過去2年を上回るペースで勝っていますので、年間100勝も狙えるでしょうね。内田博幸騎手が戸崎圭太騎手を同じレースに出た場合は騎乗馬の脚質によってはサポートがあるのでこの辺りは注視してみたい。

内田博幸が1000勝を達成

Output by TARGET frontier JV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする