racing-book.net


2005年3月21日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


回顧 スプリングS他

スプリングSは何が逃げるかと思っていたらアグネスジェダイがアッサリとハナを切ってしまった。淡々と流れて直線勝負の競馬になるかと思ったら3コーナーからコクサイトップラブが動いてトップガンジョー、ヴァーミリアンも動き始めた。勝ったダンスインザモアは中段の中ほどにいて4コーナーでも馬群の中。直線追い出すと前がポッカリ空いてそこをスッと抜け出してきた。流れが動いた3コーナーで馬群の中で動けなかったのが幸いしたように見えた。追ってからの伸びは良く一気に突き抜けたが展開が向いた感じはしたね。

2着のウインクルセイドは先行するものと思っていたけど中段の内目とは予想外でした。勝ったダンスインザモアとは道中同じ様な位置取りで先に動いたダンスインザモアを行かせてから外に出して伸びてきたけど結局はその差が着差になった感じだね。キングヘイロー産駒と言うことで平均ペースを先行して粘る競馬を得意とするものと考えていたがどうしていい決め手がある馬だね。この日の四位洋文は乗れていたのでひそかに期待していたんだよね。3着のトップガンジョーの頑張りには驚いたよ。スタートが良く好位の外目につけて早めに動いての結果。武豊のコメントに「先頭に立ったらソラをつかった」とあるように前に馬がいたらもっと頑張れたようですね。

ペールギュントは3~4コーナーで気分よく上がって行きすぎたね。どちらかというと朝日杯のように直線まで我慢したほうが伸びる馬だと思う。ヴァーミリアンはマイナス体重が示すとおり仕上がりがいまいちだったのかも。他のサイトを見てもそんなことを書いてあったから。馬券は暖かくなってきたのでそろそろ安藤勝巳がやってくれると思っていたので四位洋文の馬連1点だけ買った。ミスター権利取りの存在を思い出したのはレースが終わってからでした。

LAP :12.4-11.1-12.2-12.1-11.9-12.2-11.8-11.8-11.8
通過:35.7-47.8-59.7-71.9 上り:71.6-59.5-47.6-35.4 平均:1F:11.92 / 3F:35.77



今年のスプリングSのタイムが結構優秀で過去10年で2番目のタイム。レースの流れも厳しくて前後半を60秒を切るタイムで走っているし5ハロン目で11.9が示すとおりレースの動きだしが速く、レースの上がりも35.4となかなか。中でも一番強い競馬をしたのがトップガンジョーで早めに自分から動いての結果だけに本番も楽しみにしたいところだが、使い詰めというのがね。ダンスインザモアは嵌った感じがあるので本番では枠順が鍵になるだろうね。イメージ的にはオースミブライトやダンツフレームって所かな。

日付   1着タイム 上り  1着入線馬名        前3F 前5F  後5F  後3F ラップタイム                                 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
020317 1.46.9 34.5  タニノギムレット   34.7  58.9  60.2 35.5 12.2-11.1-11.4-12.0-12.2-12.5-12.1-11.8-11.6 
050320 1.47.3 34.5  ダンスインザモア   35.7  59.7  59.5 35.4 12.4-11.1-12.2-12.1-11.9-12.2-11.8-11.8-11.8 
030323 1.48.2 34.7  ネオユニヴァース   35.5  60.1  60.3 35.3 12.4-11.1-12.0-12.4-12.2-12.8-12.1-11.6-11.6 
040321 1.48.3 35.2  ブラックタイド    36.0  59.7  60.4 36.2 12.5-11.6-11.9-11.9-11.8-12.4-11.9-12.0-12.3 
000319 1.49.1 36.2  ダイタクリーヴァ   36.6  60.4  60.4 36.6 12.7-11.6-12.3-12.1-11.7-12.1-12.4-12.2-12.0 
980322 1.49.8 36.9  クリールサイクロン  37.2  61.0  60.7 37.0 12.6-12.1-12.5-11.9-11.9-11.8-12.1-12.5-12.4 
960324 1.50.1 35.7  バブルガムフェロー  36.7  61.3  61.3 36.2 12.6-11.9-12.2-12.1-12.5-12.6-12.2-12.2-11.8 
010318 1.50.1 35.2  アグネスゴールド   37.2  61.4  60.7 35.9 12.6-11.7-12.9-12.2-12.0-12.8-12.0-11.7-12.2 
990321 1.51.2 37.2  ワンダーファング   37.2  61.5  61.4 37.2 12.5-12.2-12.5-12.6-11.7-12.5-12.5-12.2-12.5 
970316 1.52.2 37.2  ビッグサンデー    37.7  62.6  61.9 37.3 13.1-12.1-12.5-12.6-12.3-12.3-12.2-12.3-12.8 
950326 1.54.5 40.3 *ナリタキングオー   37.5  61.7  64.8 40.3 12.7-12.3-12.5-12.2-12.0-12.5-13.4-13.6-13.3 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------



阪神大賞典はマイソールサウンドが勝つのだから競馬は難しいね。アイポッパーは阪神の坂がダメだとは思わないが京都の方が合うのは間違いないんだろうね。リンカーンはふっくらしていい感じだったが久々が影響したのかな。ゴール前は福永祐一が追っていなかったのが気になるけどね。サクラセンチュリーは幸四郎らしいね。本番は佐藤哲三だろうから巻き返しに期待だ。それにしてもG1馬がいない阪神大賞典というのは迫力に欠けるね。

LAP :12.8-11.7-11.6-11.9-12.4-12.9-13.1-13.5-12.6-13.2-12.9-12.6-11.5-11.4-12.1
通過:36.1-48.0-60.4-73.3 上り:73.7-60.5-47.6-35.0 平均:1F:12.41 / 3F:37.24



フラワーカップのシーザリオには脱帽です。スタートしてすぐは行きたがるような素振りを見せていたけどその後は折り合って、上がりが34.4。いい決め手があるし、距離伸びて良さそうだね。

LAP :12.8-11.7-12.9-12.4-12.1-12.5-11.7-11.3-11.6
通過:37.4-49.8-61.9-74.4 上り:71.6-59.2-47.1-34.6 平均:1F:12.11 / 3F:36.33



若葉Sはアドマイヤフジが人気に応えて勝ちましたね。さすが武豊だね。いつもの最後方ではなく中段で競馬をして流れに合わせて仕掛けて抜け出す。早めに動いたのでレース最速の上がりではないけど皐月賞の出走権利は取れたからね。武豊はこのレースを含めてトライアル全てで権利を取ったわけだ。さすが、ミスター権利取り。シックスセンスはこんなモノかな。相変わらずいい脚は使うけど反応が遅過ぎだね。

LAP :12.3-11.1-12.5-12.2-12.0-12.2-12.0-11.9-11.8-12.3
通過:35.9-48.1-60.1-72.3 上り:72.2-60.2-48.0-36.0 平均:1F:12.03 / 3F:36.09





Posted by nobita at 2005年3月21日 15:26 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ