racing-book.net


2006年4月24日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


【回顧と反省】 牝馬戦は難しい

【重賞回顧】

福島牝馬Sは条件馬のロフティーエイムが勝ってしまった。スムーズに先行してそのまま抜け出してライラプスをギリギリ抑えきった。100万条件を勝っていない馬が重賞を勝ってしまうのだから牝馬戦は難しい。コスモマーベラスやレクレドールは中段外目のいい位置取りだったのに伸びなかったね。


オークストライアルのフローラSはスローペースの上がりの馬をヤマトマリオンが渋い伸び脚で差しきった。直線残り200mでアクロスザヘイブンとオリオンオンサイトが抜け出しそうな脚色だったが内からブロンコーネ外からヤマトマリオンが伸びてきて形勢逆転。勝ち馬から0.5秒以内に12頭が入る大混戦だった。『TADAのDATA: 穴馬と名牝~第41回フローラS回顧』でヤマトマリオンの母ヤマトプリティは生涯1人気にはなった事がなくてよく穴をあけていたと書かれていた。調べてみるとなるほど穴をあける所か僕はだいぶやられてました(T-T)。ヤマトオリオンの兄ヤマトスプリンターも穴をあけるタイプみたいですね。


アンタレスSはフィフティーワナーが好時計で逃げ切ってしまった。未勝利から一気に5連勝で重賞制覇。ダート界にまた新星が誕生だね。Mr. Prospector産駒の最後の大物フサイチペガサス(Fusaichi Pegasus)の子供でフィフティーワナーという馬名はイチロー選手の背番号51にかけたとか。武豊の日記を読むと芝の方が良さそうと書いてあったので芝に路線変更するのかも。気性が激しいと言うことでサカラートがハナを叩いたら面白いと思っていたけど、スンナリと逃げられてしまった。2着のヒシアトラスは先行していっぱいいっぱいの2着。ただ、勝ちに行く競馬で2着を確保出来たし、ほんと安定して能力を出す馬だね。追い込んでいたフィールドルージュと2番手で粘ったプライドキムの両4歳馬はこれからが楽しみな馬だと思う。


【今週の反省】

土日で出かけていたので馬券は買わなかった。買おうと思って携帯でオッズを確認したりしたけど面倒なのでやめた。結局、馬券を買わなくて正解でした(笑)。





Posted by nobita at 2006年4月24日 08:34 | Category : レース回顧




トラックバックURL

トラックバック

» 福島牝馬S万馬券的中!(3重賞他)の結果・反省・回顧 from 今週のターゲット
〜フラワーC・アンタレスS・福島牝馬S〜 今週は土曜日で福島牝馬S馬単15160円3連複28610円的中!地方競馬月 曜日川崎エイプリルフラワー賞馬単... [続きを読む]

Tracked on 2006年4月24日 17:06
コメント

TBありがとうございました。TADAのDATAの永井と申します。
いささか古いネタに反応していただき、恐縮です。では、また遊びに寄らせていただきます。取り急ぎ、お礼まで。

Posted by 永井 at 2006年4月24日 22:38

こんにちは、永井さん。
穴馬になりやすい一族は結構いるみたいですね。
ヤマトスプリンターは菊花賞で狙ったんですけどね(笑)

Posted by のび太 at 2006年4月25日 11:41
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ