【回顧と反省】 久々の競馬も・・・

【重賞回顧】
中山牝馬Sはメイショウオスカルが引っかかって乱ペースに。上位3頭が後方にいた馬だから先行馬には厳しい流れだったと思う。ウイングレットなどはなまじ力あるから自分から動いて行けるけど後ろからも来られて動きたくないけど動くしかないという不運な流れ。逆に流れが向いたのは勝ったヤマニンシュクル。後方にいたけど先行馬の動きだしに合わせて外目を進出。直線、一気の伸びでようやく古馬重賞制覇。ディアデラノビアは馬体を戻して来たのはいいけど岩田康誠がどう乗るか注目していたけどさすがだね。6レースで良い競馬をして勝ったのを見ていたので馬の体調が良ければ来ると思っていた。ヤマニンアラバスタは出遅れて後方から。直線は馬群を突いての競馬だったがちょっとチグハグだったな。

フィリーズレビューのサンヴィクトワールは-8㎏は減りすぎだろう。タダでさえ小さい馬が成長期のこの時期に減っては厳しいよな。勝ったダイワパッションはスタートが抜群に良くて、抑えて好位に。直線は追ってシッカリ伸びていたように競馬が上手い。これで、4連勝で桜花賞に向かう。久々に関東馬にもチャンスが来たと言う感じかな。

【今週の反省】
結局、買ったのは阪神最終レースだけ。自分の中ではドラゴンアロー、トシザヘネシー、パレスエースの競馬とみて、この3頭の馬連ボックスと能力ではこの馬が一番だろうと思っているパレスエースを1着固定でドラゴンアロー、トシザヘネシーをフォーメーションで買った。だけど、トシザヘネシーは内で詰まって後退するし、パレスエースはスタートを失敗して中段からの競馬になるしで4コーナー手前で馬券は諦めたよ。評価では4~6番手の馬が結局自分の競馬が出来て上位に来てしまった。この組合せはどうやっても買えないので仕方が無いね。来週、巻き返したいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 3月12日の結果

    【中山牝馬S】1着 ○ヤマニンシュクル2着 ▲ディアデラノビア3着  ヤマニンア