元フジアナウンサーの千野志麻の夫・横手真一氏がJRAの馬主に

 2005年にフジテレビを寿退社して2006年4月に結婚した千野志麻の夫が今年7月のセレクトセールで2頭の牝馬を購入したというニュースが流れた。千野志麻の夫は福田赳夫元首相の孫で結婚当時は米国系投資銀行に勤務していた。この2人の結婚式には政界から大物政治家が出席するなどかなりVIPな旦那なのでしょう。

 購入したのはシンボリクリスエスの1歳牝馬(1,500万)とティンバーカントリーの当歳牝馬(800万)で生産者はノーザンファームと社台ファーム。ということはそういう関係なのかと調べてみると「ゴールドマン・サックス – Wikipedia」で出身の有名人という欄に横手真一氏の名前が。ゴールドマン・サックスと言えば日本におけるマネージング・ディレクターとしてカタマチボタンの馬主・諸江幸祐氏がいる。ということは・・・。

 まあ、購入した馬が走るかどうかは分からないが、社台系の牝馬と言うことであれば走らなくても社台が引き取ってくれるのでしょうね。多分。

 千野志麻 – Wikipedia
 千野志麻 オフィシャルブログ 『Chino Chic』 Powered by アメブロ
 ゴールドマン・サックス – Wikipedia
 リーマン・ブラザーズ – Wikipedia

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする