岩田康誠が降着で4日間の騎乗停止

 長い長い審議の結果の降着でしたね。被害者は武幸四郎と菊沢隆徳でしたが、もっとごちゃごちゃしてましたね。一番の被害者はラチに接触した菊沢でしたが、誰が加害者になるかというところで審議が長引いたのでしょう。まあ、加害者対象は岩田と藤田なのでこの採決は岩田に勝ち目がないね。審議ビデオを見ても岩田の馬がちょっと内によれているのは間違いないからね。これで、来週からの阪神開催で4日間は騎乗がなし。リーディング争いをしていて、秋の重賞に乗れないのは痛いね。

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等 JRA
第1回札幌第7日(9月1日(土))
* 10Rにおける降着
第2位に入線した5番タニノディキディキ号(岩田 康誠騎手)は、最後の直線走路で、急に内側に斜行し、14番ユメキコウ号(武 幸四郎騎手)、及び2番マイネルドナール号(菊沢 隆徳騎手)の走行を妨害したため、第14着に降着となりました。なお、岩田 康誠騎手は9月8日(土)から9月16日(日)まで騎乗停止となりました(開催日4日間)。

第1回札幌第7日目10R

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする