チェック馬主について

TARGETの新しいバージョンにはチェック馬主という機能が付いている。これは前から欲しかったので機能なので嬉しかったですね。チェック馬主で何をやりたいかというと現在の競馬は社台が中心となってまわっている。他にも多くの牧場や馬主がいるけど勝ち馬の種牡馬を見ると社台で繋用している種牡馬がダントツに勝っている。特に重賞は社台系が強い。だったらそれをすぐに分かるように色分けしたらわかりやすいと思ったので色分けをしたかった。

社台だけ分かるだけでも馬券検討には十分だが、設定出来る色は99種類あるので社台以外も色分けをしてみた。社台といえば社台レースホースとサンデーレーシング、それとオーナー一族の吉田照哉、吉田勝巳、吉田和美、吉田千津、吉田和子などだが、これだけでは不十分だと思った。そこで、馬主として持ち馬の40%以上が社台生産馬の馬主を「社台系 個人馬主」としてチェック馬主に登録した。社台系の個人馬主としては近藤利一、近藤英子、金子真人。クラブ馬主としてはキャロットファーム、グリーンファームなど。

社台系以外では個人馬主、クラブ馬、ラフィアン系、ノースヒルズ系、オーナーブリーダー系、ゴドルフィン系などに分けてみました。まだ、使いこなしていないのでこれから徐々に色分けを強化したいと思う。ただ、あまり馬主を色分けしてもごちゃごちゃするだけなので、僕は100万条件以上で多く勝ち、尚且つ重賞を勝っている馬主を中心に色分けをした。

下の画像は右がチェック馬主の色分け、左が2008年1月5日~2010年10月24日の期間で1000万条件以上で集計したもの。表の右端にあるマーク数は重賞勝利数です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 『ディープインパクトVS過去の名馬』のアンケート投票結果※プレゼント有

    無料メルマガ登録で≪ディープインパクト産駒91頭の馬体データ≫をゲットしよう!