TARGET frontier JVが緊急リビジョンアップ(Ver5.41 rev005)

収得賞金の取扱いが変更になったことに伴い、JRA-VANデータラボの5万2千頭分の競走馬データが変更になった。TARGET frontier JVの以前のリビジョンではデータ登録時に不具合(エラー)が出る場合があったので緊急にリビジョンアップされました。以前のリビジョンでも問題なくデータ登録は出来る人もいますが(僕は2台とも大丈夫でしたが、3台目でNGでした)、新しい機能もついているのでリビジョンアップをしたほうがいいと思います(rev004でも登録出来た人は問題ないですが)。新しい機能で僕が現在のところ確認出来たのを挙げてみました。

参考までに久根崎透の週刊競馬:TARGET frontier JVをリビジョンアップしました

目新しい所では馬データと馬データ検索で在厩・不在が表示されるようになりました。例えば藤沢和雄調教師の管理馬一覧を表示。抹消馬を削除して馬データ検索画面に送ります。馬データ検索画面をみると在・不が表示されていますでのソートをかけて在厩をみると23頭がいるということが分かります。

20060621a.png

・馬データ画面で在厩・不在の表示
・馬データ検索画面で在厩・不在の表示
・その他ランク画面がタブで切り替える方式に
・その他ランク画面から他のレースへ直接移動が可能に
・外部指数のソートが可能に
・馬券シュミレーションでマイニング指数に対応
・出馬表から出走馬の全騎手・調教師を騎手・調教師選択画面でマーク状態で表示
・レース検索の検索開始日が検索範囲の設定画面に移動

TARGET frontier JV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする