racing-book.net


2009年2月25日

TARGET frontier JV がバージョンアップ(Ver5.64bはテスト版に付き要注意)

 TARGET frontier JVがバージョンアップされました。が、これはテスト版としてのバージョンアップでTARGETスキルやパソコンスキルがない人は正式版が出るまで待った方がいいでしょう。BLITZさんのブログ(久根崎透の週刊競馬:TARGET frontier JV Ver5.64b(テスト版)を公開しました)に注意点が書かれているのでブログをよく読んでからバージョンアップすることをお奨めします。以下に注意点の一部を抜粋しました。

 ただ、ひとつ問題がありまして、このバージョンを実行しますと、これまでのバージョンに簡単には戻せません。つまり、このバージョンを実行した後は、基本的にはこのバージョン以降のみを利用していただくことになります。もちろん古いバージョンに戻すことも不可能ではありませんが、設定等を一部初期化する 必要がありますので、できればトラブルを避けるために戻すことは避けていただきたいということです。テスト版の間は小さい不具合等が発生してもすぐに対応 できると思いますので、バージョンを戻さないとならないような必要性が発生した場合には、速やかに対応いたしますので、現象をご一報ください。

 また、こちらはJV-Linkの問題なのですが、このテスト版は、JV-LinkのVer3.0.0以降をご利用の方のみご利用可能です。 Ver2.4.0等の古いバージョンで利用されている方は、このテスト版はご利用いただけません。古いバージョンに戻すことが出来ないという理由から試す ことも避けてください。もちろん、テストが終って正式版になったときには古いJV-Linkでも問題なく動作するようにする予定です。ご利用のJV- Linkのバージョンは、環境設定の「JRA-VANデータ登録」で確認できます。

 ということで、このような問題もありますので、テスト版を利用するという場合でも、あまりターゲットに慣れていなかったり、コンピュータの操作等に自信が無い場合には、しばらく経ってからの方が良いかもしれません


 現在のバージョンでも十分使えるのですが、表示する外部指数を増やしたい人や出馬表の設定タブを増やしたい人、出力関係が強化されたので自分のデータを作って印刷しておきたい人や僕のようにブログにデータをアップしたい人はバージョンアップするといいかもしれません。

 それでも、バージョンアップするのが怖いけど新しいバージョンを使ってみたいという人は[RBN] 1台のPCでTARGETを2つ使う方法【基本編】を参考に別フォルダを作ってそこにTARGETをインストールするといいです。


出馬表 項目タブの名前変更と表示項目

 出馬表の項目タブはこれまでの8個から20個に増えました。また、過去走の項目というのがA~Eまで設けられたので自分で好きなように並べ変えることが出来るようになった。また、画面表示をそのままCSVかHTMLに出力出来るようになったのは便利ですね。これまでは固定画面からのHTML出力と馬データ画面からのHTML出力を併せていたので、これからは出馬表からのHTLM出力だけで済むようになった。

出馬表 項目設定をした画面


出馬表 表示項目の設定


過去走の表示設定






Posted by nobita at 2009年2月25日 14:01 | Category : TARGET




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ