racing-book.net


2007年6月 4日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


ダート回顧(土曜日)

 鎌倉特別 東京1300m
 ラップ 6.8-10.6-11.2-11.8-12.1-12.4-12.7
 3角 : (*6,15)-(2,3,9)(1,5,16)13(4,7)(8,10,14)(11,12)
 4角 : (*6,15)9(2,3,5,16)1(4,7,13)(8,14)11,10-12

 勝ったタータンフィールズはここでは力上位なので展開が嵌ったにせよ鮮やかな勝ち方だった。1000m通過が58秒7で先行馬総崩れなので差し馬の競馬。ウィストラムは東京競馬場がある馬でいい脚を使ってきた。ちょっと軽視しすぎた。イチライタッチはもう少し前に行ける馬なのに行かなかった。特別戦ではちょっと足りないと思っていたが、今回のメンバーならチャンスがあると思っていただけに3着は・・・。ビッグポパイは言ったとおり内枠が災いしたね。スタートダッシュが良くないのでいけないとこうなる。ゲート練習してスッと出られるようになるといつでも勝てそうだが。ヤマノルドルフは使い詰めで疲れが出てきた頃か。勝負所で動けなかったところをみると太めも影響したかも。


 東京12R 東京1600m
 ラップ 12.4-10.4-11.5-12.3-12.1-12.4-13.0-13.0
 3角 : 11-2-10-(5,15,9)6(4,8,13)-3(1,7,14)12
 4角 : 11=2-(5,10,15)6(4,8,9,3)13(1,14)(7,12)

 逃げたパレスドンが作り出したペースは1000m通過が58秒7のハイペース。勝ったメジロバーミューズは相手なりに走る馬で混合戦でも牝馬限定戦でも同じ。今回は展開がバッチリ嵌った。2着のミネルバサウンドは先行して強い競馬をした。鞍上の横山典弘が上手く乗ったとも言えるが、この鞍上は行かないときがあるから次もというと本命には出来ないタイプの馬。もで、限定戦なら狙ってみたい。パピヨンシチーはこのクラス上位の力があるが乗り難しいタイプなのかも。惨敗があるので鞍上の松岡も道中は動かずに直線勝負だけ。嵌ればつよいがという印象。セプターレインは逃げずに好位外目の競馬。内田博幸がビッシリ追ってくれたので次はもっといいでしょう。フレンチウォリアーの惨敗を考えるとしたら、調教タイムが落ちていること。タイムが落ちているのに体重も落ちていると言うことは疲れが出てきて飼い葉食いが良くないのかも。






Posted by nobita at 2007年6月 4日 07:55 | Category : ダート回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ