ダート回顧(土曜日)

 中山12R ダ1800m
 ラップ 12.7-11.5-12.7-13.0-12.8-12.7-12.5-13.1-13.1
 1000m通過が62秒7で後半の上がりが掛かる中山特有のいつもの流れ。このクラスとしてはやや時計が掛かった。条件戦でもあり妥当なところ。マルブツクロスは跳びが大きいので内で窮屈な競馬だったが、終わってみれば完勝。前走特別レースで2着して鞍上武豊なら取りこぼしはないか。取りこぼすと思ってスズノマグマか買った僕はヘボ。そのスズノマグマは前に行ける馬なのに行かない勝春。後手に回って4コーナーでも外を回って、決め手がある馬ではないのでこの展開はダメ。フサイチウィードは2戦連続先行粘り込み。田中剛騎手との相性もいいし、条件戦なら狙える。マルブツクロスを武豊に奪われて1勝を存した大庭君がハウンドコップを連れてきた。この子は内枠で先行するような競馬をさせると上手い。

 阪神12R ダ1800m
 ラップ 12.6-10.8-13.0-12.0-12.5-12.5-12.8-12.5-13.4
 1000m通過が60秒9でちょっと早め。エプソムドンがのしをつけて行ったので2Fに10秒6を記録している。良馬場発表だがメインレースあたりから小雨が降ってやや軽い馬場に。プログレスエバーは昇級戦だが、前走が好時計勝ち。今回は逃げなかったが先行してアッサリ勝っちゃった。ピサノフィリップ以外はドングリの背比べなので4歳昇級馬はあっさり1000万下を勝ち上がってしまう(最近はこの傾向が多い)。ダイナミックエースは内枠で好走歴がある馬。メンバーが手薄になって浮上しただけ。フィールドジュエルは今回も後方待機でいい伸び。もう少しテンが速ければ差し切れそう。ピサノフィリップの凡走にはガッカリ。ペースアップで全く動けず。この馬は連を外さないと思い2着付けで3連単を買ったが、相手は全て思い通りに来たが肝心の軸馬が飛んでドボン

 【反省】
 軸選びで失敗。1000万下は4歳馬から買わないとダメだな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする