ダート回顧(日曜日)

 中山8R ダ1200m
 ラップ 11.9-10.7-11.5-12.1-12.2-13.0
 1000m通過が58秒4と平均ペースの流れ。この流れを作ったのが勝ったナカヤマパラダイス。久々だったが関係ない強さでした。2着のグリーンアラモードは吉田隼人から後藤浩輝に乗り替わって人気に。でも、いつも1頭強いのがいる。平場で勝てないと特別では厳しいよな。タイセイアトムが追い込んで3着。スタート悪すぎです。ナカヤマパラダイスを切る要因が見つからなかったので回避して正解。

 中山12R ダ1800m
 ラップ 12.8-12.1-13.0-13.4-12.9-12.7-12.1-12.2-13.0
 平場の16000万条件というJRAが苦肉の策で差し替えたレース。1000m通過が64秒2と遅く、上がりが速い競馬。クラスが上がると極端に速いか遅いかのレースになりやすいね。メンバーが楽になって詰めの甘いイブロンが何とか勝った。タイムも良馬場の前走よりも遅いのがレベルが低かった証拠。2着は久々のシルクウィザード。前走はアロンダイトと差のない競馬をしていた馬で、久々でも力がある。そして、3着フィールドオアシス。いつもの先行策からの粘り込み。軽い馬場で決めて勝負になったが地力で持ってきた。馬券はイブロンから3点で当てたが、本線はフィールドオアシスだったのでガッカリ。

 梅田S ダ2000m
 ラップ 12.2-11.0-10.6-13.2-12.9-13.5-12.8-12.7-12.3-12.7
 1000m通過が59秒9と芝並のペース。これならレコードが出てもおかしくないか。勝ったワンダースピードは好位からズズッと伸びてきた。前走が1200mで前々走が芝2400m、そして今回が2000m戦と。使うレースにメリハリをつけたのが良かったのか。1000万条件の時は特別戦で勝てなかった馬が上のクラスでレコード勝ちとはね。マイイージスは藤田伸二が上手く乗った。行く馬だと思っていたら好位に控えて早め進出から粘った。砂を被らない位置での競馬と速い流れが合っていたような気がする。1人気のアグネスネクタルに蛯名君。しっかりと出遅れてくれましたね。マイネルテセウスはゲートでガタガタやって出遅れ。これではレースにならない。絞り切れなかったので回避して正解。

 阪神12R ダ1200m
 ラップ 12.3-11.1-12.2-11.9-11.9-12.5
 1000m通過が59秒4とこのクラスにしては遅い。サイボーグがジワッとハナに行って競り欠ける馬がいなかったのでゆっくりとした流れ。前走ゲートの良かったウォーターバロンが今回もまともに出た。で、先行してアッサリ抜けだした。流れも時計も遅かったので順当な結果。2着タータンフィールズは安部幸夫の腕だな。前走もしぶとい競馬をさせていたがこの男は上手い。コリントシチーは関東の平場でも詰めが甘いので関西ではなおさら。しかも、外枠だったし。といいつつも善臣先生と内田先生の馬連を買っていました。だって、武幸四郎が2回連続で上手にゲートを出るとは思わなかったし。

 【反省】
 阪神12レースでは根拠のない理由で実力馬を消してしまったし、混戦と思っていたレースに手を出して失敗。なんだか、反省するために馬券を買っているようだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする