武豊と福永祐一が浦和競馬場で盗難に

さいたま市南区の浦和競馬場で、5月31日のレース中に日本中央競馬会の人気騎手、武豊(37)と福永祐一(29)が、現金や腕時計を盗まれたことが5日、関係者の話で分かった。浦和署は窃盗事件として捜査しているが「被害届の内容は明らかにできない」としている。
スポニチ Sponichi Annex 速報

5月31日のレースというと交流戦のさきたま杯ですね。この時の結果は武豊がアグネスジェダイで1着、福永祐一がドンクールで2着、3着は北村宏司だった。他に中央からは和田竜二が参戦しているが北村と和田は被害に遭わなかったようだね。金を持っていそうな武豊と福永祐一を狙った犯罪かもしれないな。それともレースを勝てそうな騎手を狙ったのか。後者だったら馬券も当たっているね(そんな馬鹿な)。こういう事が起きてしまうと交流先でのセキュリティが問題になってしまうのかな。海外で転戦していた武豊にしては不用心だった気がするね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする