racing-book.net


2005年9月28日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


東京競馬場で牝馬マイルG1を新設

JRA(日本中央競馬会)が来春、東京に古馬牝馬限定のマイルG1を新設することが27日、明らかになった。22個目となるG1の名称は「ビクトリアカップ」あるいは「ビクトリアマイル」となる見込みで、来年は2回東京最終日の5月14日(日)に施行される。nikkansports.com

古馬牝馬のG1はエリザベス女王杯だけだからマイルG1はいいと思う。牝馬限定の重賞と言えば京都牝馬S、中山牝馬S、福島牝馬S、愛知杯、マーメイドS、クイーンS、府中牝馬S、エリザベス女王杯、阪神牝馬Sの全部で9レース。距離は1600m~2200mまであるが、来年からは1600mと2200mでG1が行われるようになるわけだ。ただ、日程がNHKマイルC-ビクトリアマイル-オークス-ダービー-安田記念となるわけだが、ビクトリアマイルと安田記念の間隔が中2週しかない。マイルG1なら牝馬でも通用するだけに、ローテーションを組みやすいように中3週でスケジュールを組めなかったのだろうか。G1が連続して行われるというのはいい考えだが、興行収益だけに走るJRAのやり方は変わらないのね。来年の場合だとラインクラフトは安田記念に出ても有力に違いないが、このローテンションでも2つのG1を使うのだろうか。トライアル-本番というのなら中2週もわかるが本番-本番だからね。昔のようなG1連闘みたいな使い方は今はあり得ないよ。





Posted by nobita at 2005年9月28日 18:08 | Category : ニュース




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ