明石家さんまが名付けた馬が初勝利

明石家さんまが名付け親になった馬は4日の東京4レース(未勝利戦)を勝ったシャチョマンユウキだった。

同馬はフジテレビの競馬情報番組『うまッチ!』で明石家さんまさんが命名して話題となっていた。この日は番組レギュラーのアンタッチャブルの2人が応援に駆けつけ、「競馬場に来たのは(2戦目の)福島以来ですが、最後の直線では声が出ましたよ。これでさんまさんにいい報告ができます。秋は菊花賞でメイショウサムソンと対戦してほしい」と興奮気味だった。
SANSPO.COM

馬主はビッグレッドファームで、血統は父ニューイングランド、母メジロジュリアン、母父ヤマニンスキーという血統。兄弟では兄にダートで活躍したエーピージュリアンがいる。


5代血統表 シャチョマンユウキ


牡 3歳   父 6歳・母 17歳時産駒 2003年 栗毛 (静内町)





































































































































ニューイングランド



 1997年 栗毛 (新冠町)
*サンデーサイレンス



 1986年 青鹿 (米)
Halo



 1969年 (米)
Hail to Reason

 1958年
Turn-to
Nothirdchance
Cosmah

 1953年
Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well



 1975年
Understanding

 1963年
Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower

 1964年
Montparnasse
Edelweiss
*クラウンフォレスト



 1990年 栗毛 (米)
Chief’s Crown



 1982年 (米)
Danzig

 1977年
Northern Dancer
Pas de Nom
Six Crowns

 1976年
Secretariat
Chris Evert
シャチョマンユウキ Playmate



 1975年
Buckpasser

 1963年
Tom Fool
Busanda
Intriguing

 1964年
Swaps
Glamour
ヤマニンスキー



 1975年 栗毛 (苫小牧市)
Nijinsky



 1967年 (加)
Northern Dancer

 1961年
Nearctic
Natalma
Flaming Page

 1959年
Bull Page
Flaring Top
メジロジュリアン



 1986年 栗毛 (浦河町
*アンメンシヨナブル



 1970年 鹿毛 (米)
Buckpasser

 1963年
Tom Fool
Busanda
Petticoat

 1961年
Palestinian
Sabana
メジロパンテーラ



 1976年 栗毛 (浦河町)
シヤトーゲイ



 1960年 栗毛 (米)
Swaps

 1952年
Khaled
Iron Reward
Banquet Bell

 1951年
Polynesian
Dinner Horn
メジロハリマ



 1967年 栗毛 (浦河町)
*ネヴアービート

 1960年 栃栗
Never Say Die
Bride Elect
アサマユリ

 1959年 栗毛
ボストニアン
トモエ


Output by TARGET frontier JV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする