エイシンチャンプが大井記念を制する

地方大井所属になったエイシンチャンプが2戦目で大井記念を制した。前走は直線伸びそうで伸びなかったが、今回は直線入口まで持ったままで、最後はボンネビルレコードとの叩き合いを制した。まあ、鞍上の内田博幸が上手く乗ったということもあるが、勝った事は何より嬉しいね。もっと活躍出来る馬だと思っているので大井で復活してJRAにリベンジして欲しいね。

nankankeiba.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする