ニュース 五十嵐冬樹がJRAの一次試験を受験

道営所属の五十嵐冬樹騎手はJRAの一次試験を受験

コスモバルクとのコンビで全国区になったホッカイドウ競馬の五十嵐冬樹騎手(29)が、中央に移籍する意向を持っていることが18日、分かった。今秋の中央競馬騎手免許課程(1次試験)を受験する予定で準備を進めている。nikkansports.com

コスモバルクでは苦い思いをしたけど乗り手として五十嵐冬樹は信頼出来る騎手だと思う。29歳という年齢からもチャンスがあるうちにどんどんチャレンジして欲しいね。もし、一次試験を合格するような事があれば来年は彼と岩田康誠、吉田稔と地方の雄が続々中央入りしてますます面白くなるナ。

O.ペリエが10月に短期免許で来日

フランスのオリビエ・ペリエ騎手(32)が18日、短期騎手免許で今秋もJRAに参戦する計画を明らかにした。10月に来日する方向で調整を進めており、身元引受人は栗東・角居師となる。Sponichi Annex

今度の身元引受人は栗東の角居調教師。バックには社台グループがついているから社台絡みの調教師のところに行くのは自然の流れだと思う。

インティライミに黄色信号

ダービー2着のインティライミ(牡3歳、栗東・佐々木晶)の復帰が大幅にずれ込む可能性が出てきた。18日、佐々木晶師が語ったもの。ダービー後は北海道早来のノーザンファームへ放牧に出され、現在は宮城・山元トレセンに移動したばかり。「ツメの状態が思わしくないと報告を受けた。実際に見てからの判断になるが、現時点では今後の目標が立てられない」と慎重な姿勢をみせた。デイリースポーツonline

セントライト記念まで1ヶ月を切ったが、この分だとぶっつけで菊花賞というのもあり得る。3歳クラシックを狙う馬は秋を無事に過ごせるかどうかがカギになるわけだし、インティライミには無事に戻って来て欲しいと願うよ。

サイレントウィットネスがスプリンターズSに予備登録

香港からは、安田記念(GI)で3着と好走したサイレントウィットネス Silent Witness(セン6、香港・A.クルーズ厩舎)と、昨年の同レース3着馬でゴールデンジュビリーS(英G1)、オーストラリアS(豪G1)を制し、グローバル・スプリント・チャレンジ優勝を既に決めているケープオブグッドホープ Cape of Good Hope(セン7、香・D.オートン厩舎)の2頭。欧州からは、ゴールデンジュビリーSで4着のロイヤルミレニアム Royal Millennium(セン7、英・M.シャノン厩舎)、セントウルS(GIII)にも予備登録を行っているシンコウフォレスト産駒モスベール Moss Vale(牡4、英・B.ヒルズ厩舎)など9頭が登録を行った。netkeiba.com

今の短距離戦線は中心馬が不在なだけにサイレントウィットネスには是非出走して欲しいね。安田記念では惜しい3着で馬券を取り損なったので、今度は借りを返して欲しいよ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする