四位洋文が落馬骨折で気になるウオッカの鞍上は

 四位が骨折で騎乗予定の7鞍乗り替わり…前日に落馬、全治不明 SANSPO.COM
 25日の札幌11Rの馬場入場時にレーザーズエッジで落馬した四位洋文騎手(34)=栗・フリー=は、札幌市内の病院に搬送されて精密検査を受けた結果、第6胸椎圧迫骨折と診断された。全治などについては分かっていない。

 第6胸椎圧迫骨折で全治が分からないという事ですが、大丈夫ですかね。背中から落馬をしたようなので受け身も取れなかっただろうし、心配ですね。ウオッカの秋ローテーションは秋華賞からなのであと1ヶ月半はあるから症状がひどくなければ騎乗できるけど果たしてどうなるのだろう。騎手は怪我に強いから1ヶ月ぐらいで復帰してくるかな。

 四位洋文騎手は9月15日より復帰しました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 四位洋文騎手、落馬骨折

    【↓1日1回クリックのご協力お願いします】
    人気blogランキングへ
    ■四位洋文騎手、落馬骨折
    25日の札幌11Rで、馬場入場時に落馬負傷した四…