チャンピオンズマイルはブリッシュラックが連覇

7日、香・シャティン競馬場で行われたアジア・マイルチャレンジ第3戦、チャンピオンズマイル(香G1、芝1600m)は、B.プレブル騎手騎乗の5番人気ブリッシュラック Bullish Luck(セン7、香・A.クルーズ厩舎)が道中は中団からやや後方に控えると、直線大外から豪快に末脚を伸ばし、2番人気ダナコート Danacourtに1.1/2馬身差をつけて優勝。
netkeiba.com

ブリッシュラックが連覇と言うことはこのコースが合っているのでしょうね。チャンピオンズマイルといえば今年からアジア各国で行われるマイルG1競走をシリーズ化したアジア・マイルチャレンジ第3戦にあたる。このシリーズは2勝以上するとボーナス(2勝で100万米ドル(約1億1500万円))が出るレースだが、これまで3戦行われたが2勝した馬はいない。アジア・マイルチャレンジ第4戦安田記念でボーナスの権利があるのは、第1戦のフューチュリティステークス(豪)を勝ったフィールズオブオマー、第2戦のドバイデューティーフリー(UAE)を勝ったデヴィッドジュニア、そしてチャンピオンズマイル(香港)を勝ったブリッシュラックの3頭。この中でアジア・マイルチャレンジ第4戦安田記念に出走しそうな馬と言えば昨年の安田記念に出走して4着だったフィールズオブオマーでしょう。出来ればチャンピオンズマイルで9着に敗れたサイレントウイットネスも一緒に出てきてくれると安田記念も盛り上がるに違いない。

それしても、アジア・マイルチャレンジとして日本も参加して安田記念が第4戦にあてているにのレースの模様を放送してくれないのはどういう事なのだろうか(グリーンチャンネルで放送したのかな?)。国際化を謳っているなら日本が参加している国際レースの映像はたとえ日本馬が参戦していなくても放送すべきだと思うんだけどな。

JRA : 国際競馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする