楽天が地方競馬12主催者と業務提携

31日、地方競馬12主催者(※1参照)を代表してホッカイドウ競馬と楽天株式会社(代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)が、勝馬投票券のインターネットでの発売などについて、業務提携を行うことで基本合意した。楽天は今年3月末、すでに南関東4主催者(※2参照)と発売の業務委託の合意に至っており、これで全ての地方競馬主催者が参画することとなる。
地方競馬情報サイト

今年4月に楽天は南関東4競馬場と勝ち馬投票業務で提携を行うと発表した(地方競馬情報サイト「南関東4競馬場と楽天が業務提携へ」)。そして、今回は地方競馬12主催者と勝ち馬投票業務の提携。これまでは、D-net、オッズパークSPAT4とそれぞれ別の会社で馬券を発売していたが、今度は楽天に登録すればどの競馬場の馬券も買えるということだ。これなら、手続きも一度だけでいいので地方競馬のファン拡大にはなるだろう。

地方競馬情報サイト
【楽天市場】ニュースリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする