安田記念考査【TARGET指数とレーティング】

TARGET frontier JV(TGX画面)の補正値とJRAから発表された安田記念プレレーティングを見比べてみた。TARGETのTGXとは雑誌最強の法則に掲載されているTARGET指数の基準をレースごとに補正いた指数です。これを見ると直前指数(過去5走以内で10週間以内の補正タイムの最大値)の上位馬はカンパニーの97、次いでダイワメジャーの96、ダンスインザムードの95、オレハマッテルゼの94だった。上位馬は全て前走1着馬だが、TARGETでは長い距離ほど指数が高くなるので大阪杯勝ちのカンパニーが上位に来ている。2003年は直前指数トップがローエングリンの95で全体的に指数は低めだった。勝ったアサクサデンエンは94で指数は2番目。芝中トップのテレグノシスが97で指数から換算して1秒以内(87)までは外国産馬を除く全ての馬が入ってしまっていたので、どの馬にもチャンスがあり、その中で前走を勝ち、好調を持続していたアサクサデンエンが勝った。2004年の勝ち馬ツルマルボーイは直前指数は92(4位)だったが芝中は102(天皇賞秋の好走)と高い指数を出していた。直前指数トップのテレグノシスは95でその差は3だから、逆転可能な指数でこの時はアンカツが抜群のコース取りでツルマルボーイが勝った。

JRA発表のプレレーティングの上位馬はブリッシュラックの118、ジョイフルウィナーの115、ダンスインザムードオレハマッテルゼの114、バランスオブゲームの113、ダイワメジャーザデュークの112だった。そして、春のG1の勝ち馬のレイティング順位(JRA GIレース情報)を見ると高松宮記念オレハマッテルゼ(4位)、桜花賞キストゥヘヴン(3位)、皐月賞メイショウサムソン(2位)、天皇賞ディープインパクト(1位)、NHKマイルCロジック(5位)、ヴィクトリアマイルダンスインザムード(4位)、オークスカワカミプリンセス(5位)、ダービーメイショウサムソン(1位)となってる。これを見るとプレレイティング上位5番目までの馬が勝っているようにG1を勝つような馬は評価されていると考えていいと思う。安田記念で言えば先の書いた7頭のなかから勝ち馬が出ると思われる。

僕の場合、展開や馬場状態などいろいろなファクターを自分なりに予想に取り込んでいるのが、その結果考えすぎみたいなところがあるので今回は素直に指数の上位の馬を軸に選んでみたい。今のところ外国産馬3頭の中から軸を選びたいと思っている。










2006年 6月 4日(日) 3回東京6日目   15:40発走








11R 第56回安田記念










3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定)  芝1600m  18頭立















































































































































































































































































































































































B枠 馬名 性齢 騎手 斤量 ZI 直前 芝短 芝中 ダ短 ダ中 脚質 2005 2006
0 1 アサクサデンエン  牡7 藤田伸二 58 10 117 ( 0) 93 118
0 2 インセンティブガイ 牡5   横山典弘 58 3 114 91 91 91 102 106
0 3 エイシンドーバー  牡4 蛯名正義 58 4 111 88 92 92 101
0 4 オレハマッテルゼ  牡6   柴田善臣 58 3 125 94 94 91 105 114
0 5 カンパニー     牡5 内田博幸 58 9 121 97 93 97 114 110
0 6 グレイトジャーニー 牡5   佐藤哲三 58 3 104 91 91 91 104 106
0 7 ザデューク     セ7   ——– 58 0 ( 0)   115 112
0 8 ジョイフルウィナー セ6   ビードマ 58 0 ( 0)   115
0 9 シンボリグラン   牡4 柴山雄一 58 3 110 88 88 71 58 58 107 107
0 10 ダイワメジャー   牡5   安藤勝己 58 7 130 96 96 96 117 112
0 11 ダンスインザムード 牝5   北村宏司 56 3 130 95 95 96 114 114
0 12 テレグノシス    牡7 武豊   58 3 113 89 89 93 113 105
0 13 ハットトリック   牡5 岩田康誠 58 10 97 ( 0) 95 95 118
0 14 バランスオブゲーム 牡7   田中勝春 58 14 121 ( 0) 92 99 83 113 113
0 15 フジサイレンス   牡6   江田照男 58 3 96 86 91 91 100 104
B0 16 ブリッシュラック  セ7 プレブル 58 10 116 ( 0)   118 118
0 17 メイショウボーラー 牡5   福永祐一 58 4 102 ( 0) 91 89 98 96 114 101
0 18 ローエングリン   牡7   四位洋文 58 3 100 86 86 86 110


Output by TARGET frontier JV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 安田記念の枠順確定

    安田記念の枠順が確定しました。私の注目馬オレハマッテルゼは8枠17番ですね。ち

  2. 安田記念【妄想シュミレーション】〜展開偏〜

    もう一つのBlogが重くて開かないのでこちらへ掲載します。m(__)m
    どう考えてもザデュークが鍵を握りそうですね!昨年のサイレント
    ウィットネスと比…

  3. RACING BOOK より:

    安田記念の予想「混戦を絶つのはジョイフルウィナー」

    これまで安田記念考査を通して考えてきた結果、軸馬は香港のジョイフルウィナーにし…