racing-book.net


2016年12月22日

有馬記念考査 菊花賞馬は有馬記念で好走するか?

 菊花賞を勝った馬が同年の有馬記念に出走した場合の成績を調べてみました。

データがある過去30年を集計したところ菊花賞を勝った30頭中17頭が有馬記念に出走しています。そのうち直行組は15頭で、その成績は5-2-2-6でした。菊花賞、有馬記念を連勝した馬はゴールドシップ、オルフェーブル、マンハッタンカフェ、マヤノトップガン、ナリタブライアンの5頭。人気別でみるとマヤノトップガンを除く4頭が3人気以内でした。また、菊花賞での人気を見るとマンハッタンカフェを除く4頭が3人気以内でした。菊花賞を1人気で勝った馬は5頭いますが、有馬記念での成績は3-2-0-0なんと連対率100%でした。菊花賞を1人気で勝つ事ができる馬は古馬との対戦でも好走できるということです。「菊花賞は強い馬が勝つ」という格言があるように菊花賞馬は強いということでしょう。

 今年の菊花賞馬はサトノダイヤモンドです。サトノダイヤモンドは菊花賞を1人気で勝っています。有馬記念での人気はキタサンブラックに次ぐ2人気になるでしょう(多分)。過去のデータからはサトノダイヤモンドは好走すると思います。菊花賞のタイムを見ても過去の菊花賞馬と比べても遜色ないので本命に推してもいいと思います。 


菊花賞馬の有馬記念での成績

菊花賞馬の有馬記念での成績


菊花賞馬の前走成績 有馬記念出走馬

菊花賞馬の前走成績


有馬記念の1着馬 前走成績 前走菊花賞

有馬記念の1着馬 前走成績


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年12月22日 16:44 | Category : レース考査




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ