racing-book.net


2016年12月24日

有馬記念の予想 本命はサトノダイヤモンド

 有馬記念の本命はサトノダイヤモンドにしました。サトノダイヤモンドはデビューから3連勝で皐月賞に挑んだが3着まで。ただ、これは陣営にとってはいい結果だったと思う。ダービーを取りに行く過程で皐月賞の前に1度トライアルを挟むよりは叩き2戦目でダービーに向かいたかった。それと、輸送を考えると3歳馬にとってはストレスの貯まることなのでその辺も回避したかった。しかし、残念ながらダービーは取れなかった。負けて強しの内容でも負けは負け。秋初戦は菊花賞トライアルの神戸新聞杯は断然人気に応えての勝利。着差は僅かでしたが負けそうにない競馬をしてくれました。そして、菊花賞ですが距離云々ということもあったのですが終わってみれば能力が違ってました。直線の抜け出す脚は1頭だけ違ってましたからね。最後まで追えばもっといいタイムが出ていたでしょう。菊花賞が終わって陣営が選んのだが有馬記念。菊花賞の疲れを取ってリフレッシュした状態まで持ってきての出走。こういうローテーションで来るので菊花賞馬と有馬記念の相性がいいのだと思います。鞍上のルメール騎手とはデビューからのコンビ。ここで勝って伝説が始まると思っています。

 相手ですがまずはゴールドアクター。ジャパンカップは4着でしたがどうやら太めで動けなかったようですね。中間はビッシリ調教されて絞れているようだし今度は動けるでしょう。中山は得意だし、あまり崩れないタイプなので上位争いしてくれると思います。サウンズオブアースはデムーロ騎手で2度めの有馬記念に挑戦。ゴールドアクターには負け越しているけどこちらも大きく負けないタイプ。デムーロ騎手なら狙ってくると思うので相手に選びました。シュヴァルグランはジャパンカップ3着馬。展開に左右されるところはありますが終いは堅実です。それと、長丁場を得意としているのでスタミナもあります。厳しい競馬になった時は突っ込んで来ると思っています。

 1人気のキタサンブラックは△までにしました。今回はマルターズアポジー陣営が逃げ宣言をしています。マルターズアポジー自信は1800→1600→2000で逃げているのでテンの速さはあります。あとはどのぐらいのペースで逃げるかですね。血統からは距離は厳しいかと思うので貯め逃げかな?とは思いますが、せっかくの有馬記念なので思い切った逃げの手に出るかもしれない。となるとレースはある程度流れるのでキタサンブラックにとっては脚の使い所が難しくなるかもしれない。もちろん、武豊という天才ジョッキーが鞍上にいるのでペースに惑わされることはないと思いますが、レースが早めに動くと自信も動くしかないですからね。控えても大丈夫な馬ですが、控えることがベストの競馬とは思っていないので。

 皆様にとっていい有馬記念でありますように、メリークリスマス!


有馬記念の出馬表

有馬記念の出馬表


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年12月24日 22:00 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ