racing-book.net


2018年3月10日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


報知杯フィリーズレビューの予想 アンコールプリュの決め手に期待

 報知杯フィリーズレビューは桜花賞トライアルで3着までに優先出走権が与えられるレース。桜花賞トライアルといえばチューリップ賞に阪神ジュベナイルフィリーズ上位馬が出走して注目を集めていたのでこちらは小粒な印象が拭えないですね。でも、チューリップ賞ではラッキーライラックの強さが目立ったので、報知杯フィリーズレビューでいいレースをする馬がいればチュリップ賞組の牙城を崩せるかもしれない。

 出走馬をみると気性的に危うい馬が何頭かいますが、折り合いという点でみるとアンコールプリュが面白いかと。前走は後方からの競馬になりましたが、ラスト3Fが33秒5で差し切っているように脚を溜めて終いに活かせることが出来るのは利点。血統的にも兄妹や近親に活躍馬が多いので成長力もあると思います。桜花賞へ向かうなら乗り替わりはない方がいいので2戦目で手綱を取った藤岡康太騎手が引き続き騎乗できるのはいいですね。

 血統的に面白いのはデルニエオールですね。兄にドリームジャーニー、オルフェーヴルと言ったG1馬がいる血統で前走も鮮やかな差し切りがちを見せたようにここでもズバッと行ければ本番でも人気になりそう。でも、前走でも仕掛けると一気に行ってしまうように危うさもある。オルフェーヴルの主戦だった池添謙一騎手から岩田康誠騎手への乗り替わりがどうでるか。現在のところ単勝5人気、複勝4人気。もし、鞍上が池添謙一騎手ならもう少し人気になっていた?管理するのは池江泰寿厩舎なのでレース終わったあとに「やっぱりかぁ」ってこともあったりして。

 他にもロードカナロア産駒のアンヴァル、大物外国産馬のモルトアレグロなど気になる馬が何頭かいる。


報知杯フィリーズレビューの出馬表

報知杯フィリーズレビューの出馬表


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2018年3月10日 18:01 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ