racing-book.net


2012年1月 7日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


京都芝1600mについて

 スタート地点は2コーナー奥のポケットから。スタートから3コーナーまでが直線で距離は約700m。3コーナー手前から徐々に坂を上り、4コーナーにかけて下る。勾配は高低差は4.3m。最後の直線は平坦コースで、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。

 3コーナーまでが700mもあるのでハイペースにはならない。コースが広く、差し馬でも充分届くコース。開幕週は先行馬有利で馬場が悪くなると差し馬有利に。ただし、Cコースになると先行馬も外を回るために、差し馬が不利になる場合も。コースが広いだけに、いろいろな脚質が絡む。枠順では15番より外は良くない。

 血統成績を見ると系統別ではサンデーサイレンス系が強く、次いで次いでロベルト系、ノーザンダンサー系がいい。種牡馬ではアグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、キングカメハメハなどがいい。

 騎手成績を見ると岩田康誠、武豊、安藤勝巳、和田竜二、四位洋文、小牧太などがいい。

 このコースで行われる重賞は京都金杯、シンザン記念、京都牝馬S、マイルCS、デイリー杯2歳Sがある。






Posted by nobita at 2012年1月 7日 22:41 | Category : コース




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ