racing-book.net


2012年1月28日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


京都芝1200mについて

 スタート地点は向正面直線半ば付近。最初のコーナーの3コーナーまでが約300mと短く、しかも、すぐに上り坂になっている。芝1200mは内回りコースを使用しているのでコーナーの坂は高低差3と外回りに比べて1m程低い。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦コースでゴールまでの直線は約320m。

 コーナーの入口までが短く、直線が平坦と言うこともあって真ん中よりも内が有利。複勝率を見ると2、3、4、6番枠がいい。脚質は逃げ先行馬が有利。差し馬では外を回すよりも内を突ける馬がいい。

 血統成績をみると系統別ではサンデーサイレンス系、ナスルーラー系が強い。ノーザンダンサー系の成績が少し落ちているが、Vice Regent系には注意が必要。種牡馬別ではサクラバクシンオー、フジキセキ、アドマイヤベガ、スウェプトオーヴァーボード,、キングカメハメハなどがいい。

 騎手成績をみると川田将雅、池添謙一、幸英明、福永祐一、小牧太がいい。

 このコースで行われる重賞はシルクロードS、京阪杯がある。






Posted by nobita at 2012年1月28日 00:36 | Category : コース




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ