racing-book.net


2011年12月17日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


中山芝1600mについて

 スタート地点は1コーナー横のポケットから。最初のコーナーまでは緩い下りで239mしかないので自然と速いペースになる。そこから、3コーナーまでが下りなので前掛かりの競馬になりやすい。最後の直線は310mと短いが意外と差しがきく。高低差が5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差がある。

 枠順でみると外枠は不利、8番より内枠がいい。脚質でみると逃げ先行が有利だが、差し馬でも届くコース。ただし、後方一気というのはあまりない。4コーナー7番手以内というのが馬券に絡む条件になる。

 血統成績をみると系統ではサンデーサイレンス系が圧倒的に強い。次いでロベルト系とターントゥ系は外せない。ミスプロ系ではキングマンボ系がいい。種牡馬ではフジキセキ、アグネスタキオン、キングマンボ、アドマイヤベガ、ダンスインザダークがいい。

 騎手成績をみると蛯名正義、横山典弘、後藤浩輝、松岡正海、福永祐一、藤田伸二など。





Posted by nobita at 2011年12月17日 21:51 | Category : コース




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ