racing-book.net


2010年3月 6日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


チューリップ賞の回顧「キングカメハメハ産駒が上位独占」

 チューリップ賞は終わってみればキングカメハメハ産駒が1~3着までの上位を独占。キングカメハメハ産駒には注目していましたが、まさか上位独占とは驚きましたよ。勝ったショウリュウムーンはアパパネをマークしていましたね。直線では上位の中で一番早く追い出しはじめたけど、エンジンが掛かってからの脚は見事でした。アパパネはスタートはソロッと出したけど持って行かれたね。前半は首を振っていたように久々でちょっとエキサイティングになっていたもよう。直線は待って追い出す余裕が合ったけど前半のロスが最後に響いた感じ。エーシンリターンズは好発を切ったので行くかと思ったら控える競馬。直線はアパパネの内から伸びてきたが差せなかったところをみると追い比べでは分が悪いと言うことだろう。

 桜花賞の前哨戦としては負けてしまったがアパパネが強い競馬をしたと思っている。展開の利と言うことであればエーシンリターンズが面白いし、もちろんショウリュウムーンもいいよね。


チューリップ賞の結果


 





Posted by nobita at 2010年3月 6日 18:46 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ