racing-book.net


2010年3月 6日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


弥生賞の予想「ヴィクトワールピサでいいんじゃない」

 弥生賞は道悪競馬になりそうですね。となれば「こんな馬場だから」とか言い訳が出そう。馬券を買う方としては不安がいっぱいのレースだけど、まあ予想だけはしておこうと。

 本命はヴィクトワールピサですね。まさか、武豊もこの馬まで飛ばすことはないと思います。後方からだけに競馬だと心配にもなるけど先行策も出来ますからね。内枠なので消極的な競馬をされると危険だけど、行ける脚はあるから大丈夫と信じて。ローズキングダムと対戦するまでは負けられないはずですよ。

 相手はアドマイヤテンクウですね。こちらは勢いのあるキングカメハメハ産駒。前走は好発から逃げたけど、控えればいい決め手がある馬。どんな競馬でも出来るが、この枠ですからね。賞金的には皐月賞に出られると思うので、無理をせずに次に繋がるような競馬をしてくると思う。まあ、ここを勝てばダービーまでは大丈夫なのでどの辺りを狙ってきているかですね。

 エイシンアポロンは先行力が魅力。スピードがあるので皐月賞向きの馬だと思っている。2000mまでなら勝負になると思う。ダイワファルコンは良血ですからね。近親にはダイワスカーレット、ダイワメジャー、ヴァーミリアンなどG1馬がずらり。これらの馬達と比べるのは可愛そうだけど血統的な魅力があるので。ダイワバーバリアンはきさらぎ賞で2人気になった馬。でも、5着と言うことで人気を落としているなら狙ってみたい。

 基本的にこのレースも社台生産馬が勝つレースだと思っています。


弥生賞の予想


 





Posted by nobita at 2010年3月 6日 23:53 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

トラックバック

» 今週のメイン〜弥生賞 from 龍ぱぱログ
 最近予想と結果の歯車がうまく噛み合わないなぁ、と感じていたのですが、昨日の両重賞はその極みでした。  チューリップ賞は1番人気の◎... [続きを読む]

Tracked on 2010年3月 7日 10:40
コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ