racing-book.net


2010年3月 7日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


弥生賞の回顧「ヴィクトワールピサはものが違った」

 弥生賞ですがヴィクトワールピサはちょっとモノが違っていましたね。いいスタートを切ったので前で競馬をするかと思ったら中途半端に武豊が下げてしまった。ちょっと嫌な感じがしたけど馬が自分からポジションを上げていったのを見て、この馬はちょっと違うと思った。直線の脚はこんな馬場でもスッと伸びたように道悪も特に問題は無いみたいですね。上がりは掛かっていますが、前が詰まらなければもっと離して勝っていたでしょう。こういう競馬が出来ると言うことは皐月賞でも楽しみだね。

 2着のエイシンアポロンは自分の競馬をしての結果なので仕方の無いところ。上がりの掛かる展開になったのはこの馬向きだったが相手が悪かった。3着争いはダイワファルコンが制したがダイワバーバリアンの方が強いでしょう。ダイワバーバリアンはこの馬場で外々を回してかなりロスの多い競馬でしたからね。アドマイヤテンクウは枠順が悪かったし、中途半端な位置での競馬だったのでなし崩しに脚を使ってしまったように思える。それと、-20キロというも影響したのかもね。


弥生賞の結果






Posted by nobita at 2010年3月 7日 22:31 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ