【回顧と反省】 順当勝ち

【重賞回顧】
日経賞はリンカーンが力の違いを見せて完勝。ペースが遅くても好位で折り合って4コーナー手前から徐々に前に押し出して、直線はアッサリと抜け出す。無理のない理想的な勝ち方をしたね。仕掛けてからの反応が良くなったように見えたので天皇賞ではディープインパクトといい勝負が出来るような気がしている。ストラタジェムはデムーロが上手く乗ったね。重賞でもこれだけ走れるのだから力はあるのだろうけど未だ準OPの身なのだから詰めが甘いんだね。コスモバルクは折り合っていたように見えたのでもう少し走れるかと思ったけど、後続を待ちすぎた感じだな。4コーナー途中から先頭に立つような競馬をしなければ持ち味が生きないのに、その競馬をブルートルネードにやられてしまった。五十嵐冬樹が大事に乗りすぎだな。

毎日杯はアドマイヤメインがまんまと逃げ切った。前半47.7-60.0、後半60.5-48.0と見事なぐらいに道中は12秒前後のラップを刻んだのだから後続はたまったもんじゃないね。遅くもなく速くもなく、追いつけそうで追いつけない。これから力をつけてもう少し速めのラップを維持して逃げられるようだと強い馬になりそうだな、あの馬のように・・・。2着のインテレットは初芝だけどいい決め手があるね。道中も折り合っているし今後が楽しみな馬だよ。マイネルアラバンサはもう少し伸びるかと思ったけど今回が3戦目という事を考えればこれからの馬だね。

【今週の反省】
仕事をしていて馬券は買っていないので特に反省はなし。予想した注目馬の成績は[2-1-1-1]とまずまず。藤田伸二と五十嵐冬樹の直接対決は5勝2敗で藤田伸二の勝ちでした。注目騎手では中京の中館英二と幸英明はともに3勝ずつと好調。阪神は福永祐一が2勝を挙げただけで安藤勝己と岩田康誠は2着が1回だけでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高松宮記念の予想

    まず最初に、本命候補を6頭まで絞る事は出来ました(データなどから) そこからは、