【回顧と反省】 ついに11連敗、敗因はどこにあるのか・・・。

今日は彼女の買い物に付き合って家に戻ってきたのが14時30分頃。TARGET frontier JVを立ち上げて予想をみると馬券を買う予定の両津湾特別に間にあったのでオッズと馬体重を取得して検討。どう見ても(10)バンブーライカルトと(9)ゴッドセンドの競馬に見えたので馬単で(10)バンブーライカルト→(9)ゴッドセンドを厚めに逆を抑えに。3連単では(10)バンブーライカルトを頭にして2着には(5)ニシノグレイシャ固定で3着候補にバラバラと買った。(5)ニシノグレイシャは前走降着しているが結構良い競馬だったし、馬主の西山氏が新潟競馬場に社員を連れて来ているのでやるならここかもと思って穴狙いで。結果は中館(6)ナイキデラックスにまんまと逃げ切られ、2番手の(4)ハードオブプレイがそのまま入った。(10)バンブーライカルトは3コーナーから4コーナーに鞍上の小牧が変な恰好をしていたのでリズムが悪かったのかもね。ちょっと気になったのでTARGET frontier JVで新潟ダート1800mを調べてみると逃げ先行が有利な事がハッキリ出ているよ。ダメだな~、ツールの持ち腐れだよ。

札幌日経オープンは買うレースでは無いのに(5)コスモバルクが幸四郎に乗り替わりだというので(5)コスモバルクを外して買ったら(5)が逃げ残ってハズレ。新潟2歳Sは(12)マイネルレーニア軸に3連複を買い。相手は内から(5)マルカハンニバルと(6)トーセンラピュタ、外枠から(14)マイネヴェロナ、(15)シャルマンレーヌ、(16)マイネバイレ、(18)ニシノカムシンの5頭を選んだが、やっぱりアンカツは買わないとなぁ~と言う事で(8)ゴールドアグリを入れた6頭で1頭軸相手6頭ボックスの21点買い。直線(12)マイネルレーニアが大外で粘っていると(8)ゴールドアグリがグイグイ伸びてきて、その外のマイネルの勝負服が来ているのでゴールした瞬間は「取ったぁ」と思ったのに、マイネルはマイネルでも(10)マイネルーチェだったよ。「大野拓弥くんここで来るのは困るんだよね」。このショックでつい買わなくてもいい層雲峡特別を買ってしまった。それは、男・藤田伸二なら連を外さないと思ったから。でも、(5)ナムラカイソクを軸に買ったが(13)ケイエススプリングも(7)ヒカルバローロも買っていないのでハズレ~。

唐津特別は自信があったのでちょっと太目に行った。軸は(14)トーセンマエストロで、本戦は(14)→(15)ワキノエクセルの馬単。抑えで(1)ウインサウザーの逃げ残りを警戒して馬単の表裏、それと(14)→(13)タカオセンチュリーの馬単を抑えに。競馬としては(1)ウインサウザー、(14)トーセンマエストロ、(15)ワキノエクセルの3頭で決まる確率が高いのでこの3頭の3連複も考えたがオッズが低いので止めたがこれが、失敗のもと。結果は逃げる(1)ウインサウザーを(14)トーセンマエストロが捕まえる。ここまでは完璧な予想だったのに(15)ワキノエクセルが(14)トーセンマエストロまで差してしまった。これだと予想はあっても馬券が当たらない最悪のパターン。負けが込んでくると配当の大きいところに買い目がシフトしていくんだよね。

--------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名                 性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
--------------------------------------------------------------------------------
1 8 15  ○ワキノエクセル   牡 4 和田竜二  57  1.45.9 38.3  1 494 (栗)音無秀孝
2 8 14  ◎トーセンマエストロ 牡 4 赤木高太  57  1.46.1 38.5  2 454 (栗)飯田雄三
3 1  1  ▲ウインサウザー   牡 4 熊沢重文  57  1.46.2 38.7  3 464 (栗)山内研二
4 7 13  △タカオセンチュリー 牡 3 内田浩一  54  1.46.5 38.8  4 492 (栗)矢作芳人
5 6 10   マイグローリアス  牡 4 角田晃一  57  1.46.6 38.8  7 518 (栗)西浦勝一
6 4  7 $ ダノンビクトリー  牡 5 上野翔   57  1.46.8 38.8  5 462 (栗)田島良保
7 3  4   タムロブライアン  牡 4 幸英明   57  1.47.4 39.0 10 506 (栗)西園正都
8 3  5   メイショウソーラー 牡 3 石橋守   54  1.48.0 39.4  6 434 (栗)河内洋 
9 6 11 $ スマーティコジーン 牝 4 上村洋行  55  1.48.0 39.1 13 450 (栗)坂口正則
10 7 12   アラタマサモンズ  牡 4 渡辺薫彦  57  1.48.4 40.2  9 510 (栗)新川恵 
11 2  2 $ ワンダールビアノ  牡 3 中村将之  54  1.48.6 39.8 14 482 (栗)領家政蔵
12 4  6   セントレアリキ   牡 4 池添謙一  57  1.49.0 40.1 12 538 (栗)鮫島一歩
13 2  3   ロトスプレンダー  牡 6 鮫島良太  57  1.49.1 39.7 15 488 (美)成島英春
14 5  9 $ ビッグポパイ    牡 3 福永祐一  54  1.49.5 41.7  8 502 (栗)白井寿昭
15 5  8   キクノパルティータ 牡 4 太宰啓介  57  1.50.8 41.3 11 504 (栗)加用正 
--------------------------------------------------------------------------------
1コーナー 	(*1,14)(13,15)(5,7,9,10)-(2,12)4,3,11-8-6
2コーナー 	(*1,14,15)(13,9)(5,7,10)(2,12)-4,3,11-8,6
3コーナー 	(*1,14,15)(13,10,9)7,12,4,5(2,11,6)-(3,8)
4コーナー 	(*1,14)15,10,13-7(12,9,4)-(2,11,5)6-3,8

このあとは新潟最終を外して、札幌11レースの大倉山特別を(7)ブルーメンブラットから買ったのに(14)ディアチャンスが(5)アドマイヤドレス買わせずにハズレ。男・藤田伸二が札幌リーディング岩田康誠を交わせそうで交わせないのは、札幌開催の流れなのかもね。

そして、最後の札幌最終。軸は(5)ナイススマートワンだが鞍上が的場Jrだからね。でも、(5)ナイススマートワンの前走はTARGET指数が高いし、前走のタイムもいい。それに、枠順もいいのでこれなら思いきって馬単の頭に。と言う事で馬券は(5)ナイススマートワンから(13)レヴリと(12)フミノサチヒメの2頭にチョイ厚め。抑えで(5)(13)(12)の3連複を買った。結果は(5)ナイススマートワンは勝ったが2着に(4)エフテーポラリスが入り(13)レヴリは3着でガックリ。(13)レヴリが差せそうで差せなくてゴール瞬間は「かわったぁ」と思ったがリプレイをみると届いていない。その瞬間にどっと汗が出てきたよ。何で(4)エフテーポラリスが来るのかなぁ~と思い、戦歴を調べてみると前走はナイススマートワンと同じレースに出て9着だが、タイム差は0.4秒差。上がり3Fタイムは0.2秒差。前走が湿った馬場ということを考えると、今回は枠順も良く買えたかもしれない思うのは決まったあとに良く思う事。これが事前に調べがついても買えたかどうかは微妙だな。2着続きのレブリを信じない訳ではないが、2着続きというのは能力はあるけど抜け出す能力が足りないので取りこぼしもあるという事だ。

土から負け続けて只今11連敗中。今年は1月に28連敗をやっているので、まだ序の口。当たりそうな雰囲気はあるので来週は大丈夫だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする