racing-book.net


2015年5月25日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


日本ダービー考査 連対率100%の2頭

 今年の日本ダービーには連対率100%の馬が2頭出走する。一頭は皐月賞馬のドゥラメンテ、もう一頭は皐月賞2着のリアルスティール。対戦成績は1勝1敗の五分。皐月賞が終わった段階でこの2頭が抜けた存在だと言うことは分かる。果たして日本ダービーではどちらが勝つのか?それとも第3の馬が現れるのか?

 ドゥラメンテは共同通信杯で行きたがってしまい、鞍上が抑えるのに苦労するほど。それでいて直線ではしっかり伸びていた。皐月賞ではその辺りを考慮してゆっくり出して行って直線だけの競馬に。直線に入って仕掛けると外に飛んでいってしまったのには驚いたが、立て直してからの脚が凄かった。あっという間に先頭に立ったリアルスティールを差しきってしまい、ゴール前は流していたほど。これまで勝ったレースをみると勢いがついてからの脚は凄い。これまで5戦しているが上がり3ハロンは全てレース最速。距離が伸びても同じような脚が使えるかは分からないが、折り合って行ければこれまでと同じような凄い脚をみられると思う。

 リアルスティールは好位からスムーズな競馬で直線もしっかり伸びる優等生な競馬をする馬。皐月賞は完全に勝ちパターンだったが、ドゥラメンテの決め手に屈してしまった。テン良し、中良し、終い良しと文句の付け所がない。レース展開に左右されないところがこの馬の強みだけに安定感ではこちらが一枚上。ただ、こういう馬は決め手がもう一つなだけに何かにしてやられてしまうケースが多い。ディープインパクト×Storm Catと言えば2年前にダービー馬となったキズナと同じ配合。血統的には守備範囲だし、逃げ馬が頑張ってくれると前に行ける分だけこの馬にもチャンスがある。

 サトノクラウンは皐月賞で1人気に推された馬。東京スポーツ杯、弥生賞の勝ち方が良かっただけに期待されたが、皐月賞ではスタートがいまいちで後方から。直線では内から飛んできたドゥラメンテに煽られて態勢を崩すハプニングも。直線では伸びてはいるが勝ち馬とは脚色が違いすぎた。直線の長い東京競馬場に変わるのはプラスで鞍上のルメールも巻き返しを図るべく手を打って来るだろうからこのままでは終わらないと思う。ミュゼスルタンはNHKマイルカップで最速の上がりで走ったが前が止まらず3着に。スプリングSは久々と言うこともあり、反応が悪くて7着になったがこのときも上がり3ハロンは最速だった。良馬場のNHKマイルカップを最速の上がりで走った馬の中にはディープスカイやキングカメハメハといった日本ダービーを勝った馬もいるからこの馬にもチャンスはある。


ドゥラメンテの戦歴

ドゥラメンテの戦歴


リアルスティールの戦歴

リアルスティールの戦歴


日本ダービーの登録馬


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2015年5月25日 20:32 | Category : レース考査




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ