racing-book.net


2010年12月 7日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


ジャパンカップダート回顧「トランセンドが逃げ主張で勝つ」

 ジャパンカップダートはトランセンドが逃げきり勝ち。スタートは早かったがダイシンオレンジ二の脚が早くいかれてしまうのかと見ていたらさすが藤田ですね押してハナを主張して主導権を握った。前半はちょっと早いと思ったけど、強い逃げ切りでしたね。

 2着のグロリアスノアは距離が長いと思ったけどどうしてどうして強い競馬をした。鞍上の小林くんはこの馬のこと良くわかっているようで勝負どころの仕掛けのポイントもバッチリ。初G1勝利が目の前にあっただけに残念でした。フェブラリーSでは人気になるでしょう。

 アドマイヤスバル相変わらずツメが甘いね。本命にしたキングスエンブレムは直線を向くまでは手応えがよかったのに追って伸びなかった。どうしてだろうか?

ジャパンカップダートの結果

ジャパンカップダートの結果






Posted by nobita at 2010年12月 7日 06:48 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ