racing-book.net


2010年3月 2日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


チューリップ賞考査「ミスプロ系の台頭」

 チューリップ賞の過去10年の成績を集計して血統データを出してみた。系統別ではサンデーサイレンス系4勝2着4回、ノーザンダンサー系3勝2着1回、ミスプロ系2勝2着3回とサンデーサイレンス系がややリードしているが、牡馬に比べると牝馬路線はノーザンダンサー系やミスプロ系の活躍が目立つ。特に今年はキングマンボ産駒のアパパネが阪神ジュュベナイルフィリーズを勝ち、エーシンリターンズがエルフィンSを勝っている。

 チューリップ賞は桜花賞トライアルで3着までに出走権が与えられる。同じコースで行われるので注目度も高い。レースの流れは本番よりもやや緩めだが厳しいレースになりやすい。意外と逃げ馬が残るパターンがあるのがこのレース。アパパネが強い競馬をするようだと逃げ先行馬には苦しい競馬になると思う。

 血統と脚質から狙ってみたいのはアパパネ、ラナンキュラス、ヴィクトリーマーチ、マシュケナーダ、ワイルドラズベリーですね。


チューリップ賞 過去10年の連対馬血統一覧

チューリップ賞 過去10年の連対馬血統一覧


チューリップ賞の登録馬

チューリップ賞の登録馬 血統タイプ別出馬票






Posted by nobita at 2010年3月 2日 23:33 | Category : レース考査




トラックバックURL

トラックバック

» 【ケータイ用】第17回チューリップ賞【過去データ,血統】 from 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
久しぶりにアクセス解析すると 半分弱の方がケータイから 閲覧されている様でしたので お試し版としてケータイ用を。 (って改行を変えただけ的なw) 201... [続きを読む]

Tracked on 2010年3月 4日 00:53
コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ