racing-book.net


2008年1月31日

メイショウサムソン年内引退、有馬でラストラン

 メイショウサムソンの今後の予定が発表されましたね。そのローテーションとは京都新聞杯をステップにドバイワールドカップに出走。その後、欧州に遠征しキングジョージをステップに凱旋門賞に挑戦。帰国後はジャパンカップは流動的でラストは有馬記念と言うことらしい。年内で引退した後は社台ファームで種牡馬生活をおくることも決まった。
(古馬中距離レース路線図(後期) 有馬記念とジャパンカップ)

 社台ファームとしてもサンデーサイレンス産駒全盛時に大活躍したオペラハウス産駒のテイエムオペラオーやメイショウサムソンはなんとしても手に入れたい馬だったと思う。テイエムオペラオーは手に入れられなかったが、メイショウサムソンは手に入れることが出来た。サンデーサイレンスの血が入っていないメイショウサムソンはサンデーサイレンス牝馬が合う。Northern Dancer系×サンデーサイレンス牝馬牝馬は成功しているだけに、メイショウサムソンには期待しているのでしょうね。社台ファームであれば上質の牝馬が揃っているだけにメイショウサムソン産駒には期待が出来ると思う。

 ところで、吉田照哉さんはメイショウサムソンをお幾らで譲ってもっらたんでしょうね。


 メイショウサムソン(牡5、栗東・高橋成)が今年限りで引退、来春から北海道・安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが分かった。 29日、松本好雄オーナー(70)が明らかにした。「凱旋門賞の後はJCに使えるかどうかは分からないが、有馬を最後にしたい。来年からは社台SSで種牡 馬入りします」。
サムソン年内引退、有馬でラストラン - nikkansports.com


5代血統表 メイショウサムソン 父 15歳・母 6歳時産駒 2003年 鹿毛 (浦河町)

*オペラハウス

 1988年 鹿毛 (英)
Sadler's Wells

 1981年 (米)
Northern Dancer

 1961年 (加)
Nearctic
 1954年
Nearco
Lady Angela
Natalma
 1957年
Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge

 1975年
Bold Reason
 1968年
Hail to Reason
Lalun
Special
 1969年
Forli
Thong
Colorspin

 1983年
High Top

 1969年
Derring-Do
 1961年
Darius
Sipsey Bridge
Camenae
 1961年
Vimy
Madrilene
Reprocolor

 1976年
Jimmy Reppin
 1965年
Midsummer Night
Sweet Molly
Blue Queen
 1967年
Majority Blue
Hill Queen
マイヴィヴィアン

 1997年 鹿毛 (静内町)
*ダンシングブレーヴ

 1983年 鹿毛 (米)
Lyphard

 1969年 (米)
Northern Dancer
 1961年
Nearctic
Natalma
Goofed
 1960年
Court Martial
Barra
Navajo Princess

 1974年
Drone
 1966年
Sir Gaylord
Cap and Bells
Olmec
 1966年
Pago Pago
Chocolate Beau
ウイルプリンセス

 1983年 鹿毛 (静内町)
サンプリンス

 1969年 栃栗 (愛)
Princely Gift
 1951年
Nasrullah
Blue Gem
Costa Sola
 1963年
Worden
Sunny Cove
エール

 1972年 芦毛 (静内町)
フオルテイノ
 1959年 芦毛
Grey Sovereign
Ranavalo
ガーネツト
 1955年 鹿毛
トサミドリ
サンキスト

[Northern Dancer]   18.75% 3 x 4
[Nearctic]   9.38% 4 x 5
[Natalma]   9.38% 4 x 5

Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2008年1月31日 23:03 | Category : 競走馬あれこれ




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ