racing-book.net


2017年3月28日

今年の3歳牝馬は当たり年 ソウルスターリング、ファンディーナ、アドマイヤミヤビ他

 今年の3歳馬牝馬は当たり年ですね。フラワーカップを勝ったファンディーナは持ったままの勝利でスケールの大きさを感じました。桜花賞に出てきたらソウルスターリングやアドマイヤミヤビとの対決が楽しみでしたがなんと皐月賞に登録してきました。何度もレースを見ましたが、まだまだ強くなりそうなので今年の3歳牡馬なら蹴散らしてしまうかもしれないですね。

 来週の桜花賞にはアドマイヤミヤビ、カラクレナイ、ソウルスターリング、ミスエルテなどが登録しています。ソウルスターリングは前哨戦のチューリップ賞を完勝。スタートが良くて、道中も折り合っていて、直線を向いて仕掛けるとスッと動き、追われるとグッと伸びていました。テンよし、中よし、終いよしでいうことがないです。一度使ったことでさらに状態が良くなればもっと走れるでしょうね。

 アドマイヤミヤビはデビューこそ2着でしたが、その後は3連勝。百日草特別では弥生賞を勝ったカデナを、スプリングSの3着馬アウトライアーズに勝っています。クイーンカップでは中団から上がり3F33秒6といい瞬発力を見せてくれました。牝馬らしい切れる脚を使える馬ですね。

 カラクレナイは1400mで3連勝。その3連勝はすべて後方からの差し切り勝ちといい決め手を持っている馬です。前走のフィリーズレビューでは直線先に抜け出したレーヌミノルをゴール前できっちり差し切った。まあ、ゴール前の脚色は完全に違ってましたからね。速い流れになりやすい桜花賞仕様に仕上げて来ているように感じました。

 ミスエルテはデビュー2戦目のファンタジーSで鮮やかな差し切り勝ちを演じ、阪神ジュベナイルフィリーズではソウルスターリングとのフランケル産駒対決を楽しみにしていたが、朝日杯フューチュリティSに出走しました。その、朝日杯フューチュリティSではテンションが高くて道中行きたがっていて、前走のような脚は使えませんでした。しかし、4着に粘っていたように力はあると思います。使うとテンションがあがるタイプのようなので久々の方がプラスになると思います。

 もう一頭注目している馬がいまして、それは先週のミモザ賞を勝ったルヴォワール。少頭数ということもありましたが、ほとんど追われることなく勝ってしまいました。時計も速くなく、上がりもそれほど速いわけではないけど、勝負どころからの加速が良かったし、中山の坂も苦もなく上がって来ましたからね。2000mを2度使われているように距離は長いほうがいいので、次は東京のフローラSを使ってオークスに挑んで来ると思います。そして、フローラSの走り次第ではダービー出走もあるかもしれませんね。血統的にも楽しみな馬です。

 


ファンディーナ

ファンディーナ


ソウルスターリング

ソウルスターリング


アドマイヤミヤビ

アドマイヤミヤビ


カラクレナイ

カラクレナイ


ミスエルテ

ミスエルテ


ルヴォワール

ルヴォワール


Output by TARGET frontier JV





Posted by nobita at 2017年3月28日 21:08 | Category : 競走馬あれこれ , 雑感




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ