racing-book.net


2009年5月27日

社台の野望はサンデーサイレンス系を大種牡馬系統にすること

 僕は競馬歴が18年ちょっとと浅いので昔の事は分からないが、データがある過去23年のダービー馬が種牡馬となってダービー馬を輩出したのは2度だけ。それは、1991年のシンボリルドルフと2002年のウオッカがだけ。また、父が内国産馬の産駒でダービー馬になったのはトウカイテイオー、ウオッカ、ディープスカイの3頭だけ。これまで、サンデーサイレンス、ブライアンズタイム、トニービンなどの輸入種牡馬の産駒がダービー馬を出してきたが、今年は父内国産の種牡馬からダービー馬が生まれそう。

 これまでのダービー馬の血統を見るとサンデーサイレンス、トニービンなど社台ファーム繁用馬が圧倒的な強さを誇っている。特にサンデーサイレンスの第一世代のタヤスツヨシ以降の14年間ではサニーブライアン、タニノギムレット、メイショウサムソンのだけが非社台系だった。しかし、タニノギムレットとメイショウサムソンは社台繁用馬となってしまった。今や社台なくしてJRAは成り立たないほど社台の力は強くなっている。その社台が掲げる目標と言えばサンデーサイレンスを大種牡馬の系統へと発展させること。昨年はアグネスタキオン産駒のディープスカイが勝ったが、それだけでは不十分。サンデーサイレンス系種牡馬の中でも「ダービー馬からダービー馬」をと言うのが悲願だと思う。となればスペシャルウィーク産駒かネオユニヴァース産駒がダービーを制するのが理想。数年後にはディープインパクト産駒が出てくるから、その前にスペシャルウィーク産駒かネオユニヴァース産駒からダービー馬を出しておきたいところ。

 NHKマイルカップはマンハッタンカフェ産駒のジョーカプチーノが勝ち、桜花賞とオークスはスペシャルウィーク産駒のブエナビスタが勝っている。と言うことは皐月賞を勝っているネオユニヴァース産駒のアンライバルドがダービーを制するのが社台にとっては理想的。登録馬を見ても社台系種牡馬が圧倒的に多く、舞台は揃っている。ダービーは個人馬主が強いレースだが、今年に限っては社台クラブ馬が勝つようなお膳立てが揃っているように思えてならない。

 社台スタリオンステーション―2009年繋養種牡馬(
 社台スタリオンステーション―2009年繋養種牡馬(他場繋養馬)


日本ダービー 過去23年の勝ち馬

日付 馬名 性齢 騎手 調教師 馬主 生産者 父タイプ名 種牡馬
080601 ディープスカイ   牡3 1 四位洋文 (栗)昆貢   深見敏男 笠松牧場 サンデーサイレンス系 アグネスタキオン
070527 ウオッカ      牝3 3 四位洋文 (栗)角居勝彦 谷水雄三 カントリー牧場 Roberto系 タニノギムレット
060528 メイショウサムソン 牡3 1 石橋守  *(栗)瀬戸口勉 松本好雄 林孝輝 Sadler's Wells系 オペラハウス
050529 ディープインパクト 牡3 1 武豊   (栗)池江泰郎 金子真人HD ノーザンファーム サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス
040530 キングカメハメハ  牡3 1 安藤勝己 (栗)松田国英 金子真人 ノーザンファーム Mr. Prospector系 Kingmambo
030601 ネオユニヴァース  牡3 1 デムーロ *(栗)瀬戸口勉 社台RH 社台ファーム サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス
020526 タニノギムレット  牡3 1 武豊   (栗)松田国英 谷水雄三 カントリー牧場 Roberto系 ブライアンズタイム
010527 ジャングルポケット 牡3 1 角田晃一 (栗)渡辺栄  吉田勝己 ノーザンファーム Grey Sovereign系 トニービン
000528 アグネスフライト  牡3 3 河内洋  (栗)長浜博之 渡辺孝男 社台ファーム サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス
990606 アドマイヤベガ   牡3 2 武豊   (栗)橋田満  近藤利一 ノーザンファーム サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス
980607 スペシャルウィーク 牡3 1 武豊   (栗)白井寿昭 臼田浩義 日高大洋牧場 サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス
970601 サニーブライアン  牡3 6 大西直宏 (美)中尾銑治 宮崎守保 村下フアーム Roberto系 ブライアンズタイム
960602 フサイチコンコルド 牡3 7 藤田伸二 *(栗)小林稔  関口房朗 社台ファーム Nijinsky系 Caerleon
950528 タヤスツヨシ    牡3 1 小島貞博 (栗)鶴留明雄 横瀬寛一 社台ファーム サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス
940529 ナリタブライアン  牡3 1 南井克巳 *(栗)大久保正 山路秀則 早田牧場新冠支場 Roberto系 ブライアンズタイム
930530 ウイニングチケット 牡3 1 柴田政人 (栗)伊藤雄二 太田美實 藤原牧場 Grey Sovereign系 トニービン
920531 ミホノブルボン   牡3 1 小島貞博 (栗)戸山為夫 ミホノIN 原口圭二 Never Bend系 マグニテユード
910526 トウカイテイオー  牡3 1 安田隆行 (栗)松元省一 内村正則 長浜牧場 Herod系 シンボリルドルフ
900527 アイネスフウジン  牡3 3 中野栄治 *(美)加藤修甫 小林正明 中村幸蔵 Hampton系 シーホーク
890528 ウィナーズサークル 牡3 3 郷原洋行 *(美)松山康久 栗山博 栗山牧場 Hampton系 シーホーク
880529 サクラチヨノオー  牡3 3 小島太  (美)境勝太郎 さくらコマース 谷岡牧場 Nijinsky系 マルゼンスキー
870531 メリーナイス    牡3 4 根本康広 (美)橋本輝雄 浦房子 前田徹 Northern Dancer系 コリムスキー
860525 ダイナガリバー   牡3 3 増沢末夫 (美)松山吉三 社台RH 社台ファーム ノーザンテースト系 ノーザンテースト


日本ダービーの登録馬

馬名S 性齢 斤量 調教師 馬主 生産者
アーリーロブスト 牡3 57 (栗)本田優  三嶋牧場 山際辰夫 バブルガムフェロー
アイアンルック 牡3 57 (栗)橋口弘次 池上一馬 ノーザンファーム アドマイヤボス
アプレザンレーヴ 牡3 57 (栗)池江泰郎 サンデーレーシング ノーザンファーム シンボリクリスエス
アントニオバローズ 牡3 57 (栗)武田博  猪熊広次 前川隆範 マンハッタンカフェ
アンライバルド 牡3 57 (栗)友道康夫 サンデーレーシング ノーザンファーム ネオユニヴァース
イグゼキュティヴ 牡3 57 (美)斎藤誠  岡田繁幸 沖田忠幸 チーフベアハート
カネトシコウショウ 牡3 57 (栗)村山明  兼松利男 高昭牧場 グランデラ
ケイアイライジン 牡3 57 (美)尾形充弘 啓愛義肢材料販売所 メイプルファーム Came Home
ゴールデンチケット 牡3 57 (栗)森秀行  社台レースホース 社台ファーム キングカメハメハ
シェーンヴァルト 牡3 57 (栗)岡田稲男 サンデーレーシング ノーザンファーム ジャングルポケット
ジョーカプチーノ 牡3 57 (栗)中竹和也 上田けい子 ハッピーネモファー マンハッタンカフェ
ストロングガルーダ 牡3 57 (美)久保田貴 村木篤 千代田牧場 ダンスインザダーク
セイウンワンダー 牡3 57 (栗)領家政蔵 大谷高雄 筒井征文 グラスワンダー
デルフォイ 牡3 57 (栗)長浜博之 社台レースホース 追分ファーム スペシャルウィーク
トップカミング 牡3 57 (栗)境直行  コオロ 木戸口牧場 ゴールドアリュール
トライアンフマーチ 牡3 57 (栗)角居勝彦 キャロットファーム ノーザンファーム スペシャルウィーク
ナカヤマフェスタ 牡3 57 (美)二ノ宮敬 和泉信子 新井牧場 ステイゴールド
フィフスペトル 牡3 57 (美)加藤征弘 キャロットファーム 社台コーポレーショ キングカメハメハ
ブレイクランアウト 牡3 57 (美)戸田博文 キャロットファーム Shadai Corporation Smart Strike
マッハヴェロシティ 牡3 57 (美)武藤善則 井上一郎 日の出牧場 マンハッタンカフェ
ミッキーペトラ 牡3 57 (栗)森秀行  野田みづき 矢野牧場 シンボリクリスエス
メイショウドンタク 牡3 57 (栗)武田博  松本好雄 太陽牧場 マンハッタンカフェ
リーチザクラウン 牡3 57 (栗)橋口弘次 臼田浩義 社台ファーム スペシャルウィーク
ロジユニヴァース 牡3 57 (美)萩原清  久米田正明 ノーザンファーム ネオユニヴァース


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2009年5月27日 22:47 | Category : 競走馬あれこれ




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ